happahappa.exblog.jp

English pages are on the 2nd page of each article. Please click "English Version---click here---" below Japanese articles to go to English pages. Thanks!

コメント大歓迎です!大切な宝物です。でもここんところの時間的な事情で、返信はできない無精者をどうぞお許しください・・・。

カテゴリ:安・近・楽( 3 )

Stop and smell the roses
e0014447_6173823.jpg


1年に2回、春と秋に催される、Richardson市のCottonwood Art Festival。





e0014447_79955.jpg


秋の回が、今週土日に行われています。




e0014447_791762.jpg


今回のエンターテイメントスケジュールを見て、今朝の朝一の人がよさげだったので、
がんばって起きて (でも寝坊して・・・)、やってきました。




Victor Andradaさん。
最近ギター音にはまっている私には激しくマッチしてる曲調で、すごくよかったです。
アコースティックギターで、ちょっとブルースな、ジャズな、イージーリスニングな、そんな
感じ。 ちょっとErin Bodeに近い感じ。


e0014447_855954.jpg


朝一番だったので、まだまだお客さんが少なかったのだけど、聞いた人はどんどんCD買って
ました。



e0014447_8551850.jpg


私も買っちゃった(*´∀`)  だって、5ドルだったんだもん。
ネットで買うと10ドルみたいなので、半額ですね。 たぶんジャケットがない分だと思われ。
買ったCDは、ちょっとカントリーっぽい曲もあったので、「あれ?」って感じもしましたが、
でもかけ流しにしておくのにとてもいい感じです。



e0014447_8584412.jpg


よかったね、いいの買えて。



e0014447_858567.jpg


でも、もう飽きた・・・




e0014447_90197.jpg


って感じだったので、次の人の演奏は途中で抜けて、いつもの水のみ場へ行ったり、





e0014447_901379.jpg


他のわんこを




e0014447_902198.jpg


観察したり、




e0014447_902943.jpg


最後にボーイスカウトが出してくれてたお水を呼ばれて終了~。
ここでは犬クッキーももらえて、ラッキーは大喜びなのでした。

今日は本当にすごくいいお天気で、とにかく気持ちがよかったです。
時間が許せば、ずーーっと座っていたかったな。 太陽きらきら、風がそよそよ。
気持ちのいい音楽をラッキーと一緒にテーブルについて聞けるなんて。

でも2時間強お日様にあたったので、そのあと激しく眠気に襲われております・・・。
うーー・・・。

English Version----click here----
[PR]
by cogicogilucky | 2010-10-03 09:10 | 安・近・楽

映画
e0014447_4401744.gif


久しぶりに映画を見ました。
まず、The Kids Are Alright。 レズビアンの夫婦が精子バンクから買った精子で人工授精、
18歳と16歳(だったと思う)の2人の子供をもうけ、家族で暮らしておりました。夫婦の一人は
医者、もう一人はほとんど専業主婦。ある程度裕福で仲のよい普通の家族でしたが、長女が
大学で家を出ることになって、弟が姉に「はじめてのお願い事」をして、話が始まります。
「自分の父親に会ってみたい」  
姉は精子バンクをつきとめ、父親を見つけ連絡をとります。姉弟はレズ両親には内緒で
父親に会い、親交を深めます。やがてレズ両親にもばれて、父親をレズ両親にも会わせること
になるのですが、そこからちょっと家の中の様子が変わっていきます・・・。



私はどこかでこの映画はLittle Miss Sushine作った人が作ったと聞いた気がして、そうと
すっかり思い込んでいたんですが、どうもそれはガセだったみたいー。なんだったんだろう?
その思い込みは??夢?? 
でも、似たような空気が流れていました。 「こうあるべき」とか「普通こうするだろう」的な作り手
側からの押し付けがなくて、問題ある人は問題あるし、なにかすっきり解決するということでも
ないし、見た人が見た人なりの解釈をする余地が残されてる感じ。 

セックスシーンが多いのがちょっとなー。 リアリティを出してるんだけど、自分はちょっとそういう
シーンには引くってことを発見しました。 なんでかな?って散歩中に考えたけど、たぶん、私って
人間のリアルな部分に嫌悪感とか恐怖感を持ってるんだと思います。 頭ではそういうこともさらっ
と流せるくらいオープンマインドになりたいと思ってるんだけど、どっかに染み込んでるんですねぇ。
ファンタジーっていうか、きれいごとっていうか。 自分、自分の中の何かに縛られてるなーと思い
ました。 

すごくおもしろくて、見たあとにいろいろと話すのが楽しい映画です。


e0014447_624145.jpg


もう1つ見たのは The Concert。 去年フランスで公開されて、日本でも今年の春に
「オーケストラ!」という名前で公開されてたらしいですね。ダラスでは今でしたー(´∀`)
これ、のだめ好きな人は絶対好きだよなと思ってたら、日本ではすでに公開されててしかも
人気だったと知って、やっぱり!と思いました。 団員たちのはちゃめちゃぶりがすごくて笑え
ます。 ラストは私もぐしゅ・・・と来てたけど、横のおじさんの号泣ぶりに負けました。あまりに
すごくて涙がひくんじゃなくてさらにもらい泣きしちゃった。

e0014447_6312715.jpg


この映画を見たのは、Landmark Inwoodという古~~い映画館。


e0014447_6313418.jpg


3つ劇場があって、 中はほら、こんな↑に小さいんです。


e0014447_6314213.jpg


2席おきにテーブルがあって、何か食べるには便利そう。
この日はなにも食べなかったけど。 そうそう、売店にポッキーが売ってたのにびっくりしました。

この小さな映画館で、他にお客はぐじゅぐじゅ泣いてたおじさんのみ。
土曜日の昼下がりに、贅沢空間でした。(´∀`)


e0014447_631483.jpg


でもそんな感じで毎日じゃぁ、経営的にはやばいと思われ。
なくなってほしくないなぁ。 
[PR]
by cogicogilucky | 2010-08-16 06:36 | 安・近・楽

綿の森公園の春
e0014447_8322144.jpg


ラッキー、飲んでます。




e0014447_8325256.jpg


がっつり飲んでます。 ちょっと視線が 「これ、飲んでいいんだよね??」的ですが^^;



e0014447_833491.jpg


もうこのブログでは何度となく出てきてる、Cottonwood Art Festival、春です。
毎年一年に2回、春と秋に催されるこのお祭り、別名わんわん祭り。 入場無料で、たくさんの
犬連れ・犬好きが集まる・・・いやいや、もちろんメインはアートなんですが、まさに安・近・楽
(私の造語です^^;)の究極ともいえましょう。 
City of Richardsonはこのお祭りゆえに大好きな町です。


e0014447_8375472.jpg


今年は早いうちに暖かくなったので、ワイルドフラワーの開花も早く、心配してた通り、この
お祭りのときにはもう、ほとんどお花が終わってしまっていました。 いつもは紫や青や赤の
花が咲き乱れてるんですが、この日はなんとかデイジーが咲いていた程度。
でも、デイジーってかわいいですね。


e0014447_8402497.jpg


この日はあったかくて、私も恥ずかしながらこんな格好。それでも汗がにじんできました。
で、ラッキーが池のほとりを、くんくん・・・・ くんくんくん・・・・・・ ってやったら、急に草むらから

がさがさがさっ!!!!


という音が!!!



e0014447_8421175.jpg


へ~~~~び~~~~~~ぃぃぃぃ~~~~い!!!

うぎゃおぅっ

私、ライブなへび、生まれて初めてみましたよ・・・。 びっくらしたなー、もう。
ラッキーも、自分がくんくんしたせいで池に飛び込んだへびなのに、なんかそれを見る腰はひけて
た。 うぷぷ。 
で、へびってみんな泳ぐんですか??これは泳ぐへびなんですか??そこんとこ詳しい人教えて
くださいまし。 だいたい、足も手もないのにどうやって泳いでんの??これ??


e0014447_8467100.jpg


いつもはただぷらぷらとラッキーと歩いて終わってたんですが、今回は「そういえばライブも無料
で聞けたはず・・・」と思い出して、そっちを中心に楽しみました。 最近の私はMusic is my Life
っていう感じでどこかのレコード店のロゴのような生活をしております。なので、無料でライブが
聞けるというのは、これはもう飛びつくわけであります。

ネットで調べたら、初日の一人目二人目がよさげだったので、まずは一人目。
まだ朝10時とかだから、人もまばらです。


e0014447_85202.jpg


コーヒーとベーグル・マフィンを買って、野外で無料ライブ・・・。
ああ、なんて贅沢。 向こうを向いた私の頬には感動の涙が・・・。 ってウソ。
気持ちいいなーって、うーっとりしてるけど、感涙まではね。というか、朝早くのすがすがしい
時間に涙は似合わないぜ、ベイベー。



e0014447_855327.jpg


最初のミュージシャンはこの方 J R Byrdさん。 たくさんの機械と楽器を一人で操って、
まるでたくさんの人とバンドをしてるような音楽を奏でていました。 写真のサックスも、吹いた
あとにその吹いた音楽が残ってループしながら次の音に重なっていって、さらにギターが、
キーボードが・・・みたいな。 聞きながら、「え?なんで?どうして?どうなってんの???」
ってわくわく楽しかったです。音楽自体も好き系だったし。 



e0014447_914881.jpg


で、二人目はRobert Gotcher Band。 最初にちょっとメカがうまく動かなくて、少しだべって
いたんですが、「みなさんは用意はいいですかー?」 って問い合わせに



e0014447_932431.jpg


おお~! とコーンドッグをふりあげて答える観衆。 
こういうノリのよさが好きです、アメリカ。 




e0014447_945792.jpg


そして、あら、Robert Gotcherさんったら、ハンサム。
どこかで見た顔っぽいなぁと思っていたんですが、私的には、Sex & the Cityのバーガーに
似てる気がします。  彼は音も好きだったし、見掛けもいいし、もっともっといけるんじゃないか
なーと期待。 


e0014447_992236.jpg


そして、翌日の午後。
前日、私たちが祭りを去ったあとにものすごい嵐になって、一気に温度が下がり、このときまでも
前日とは打って変わった肌寒さ。右端の緑坊主は私です^^;

さて、演者はJohn Adams Group

・・・・あれ??なんか聞いたような・・・・



e0014447_9122236.jpg


・・・なんか、見たよーな・・・・





e0014447_9125753.jpg


うぉっ。
この人たちは先月Roanokeの無料ライブで見た人たちだー!
毎月ライブに通ってる私たちって、すっごいファンみたい^^; アジア人少ないし、覚えられてる
かもなぁ。 お近づきになりたいものだ。

この日は前のときより音響がいいのか、もっとよかったです。
そしてこの日のステージは高かったので、ギターのお子様も乱入できなかったし。

今回ライブ見てて思ったんですけど、演者の夫人が小さなお子様をステージまわりで遊ばせる
というのは、その業界ではデフォなんでしょうか。よく見かける光景でした。その世界にはその世界
の常識なるものがあるんだろうなぁ。(んな大げさな??)
はたから見てると、気が散っちゃっわないのかなー。
大丈夫なのかなー。
って心配しちゃうけど。逆に、そこにいてもらった方がやる気が出るのかしら。 
まぁ、ラブラブね。(棒読み)


e0014447_9204181.jpg


Cottonwoodのウェブサイトはすでに秋の日程になっています。
秋は10月3日・4日。 内容はまだ更新されていません。

今回のお祭りはものすごい嵐に見舞われて、祭りの半分が休止だったんだろうなと思います。
いつも楽しませてもらっているので、準備にかかわった方々が気の毒で。
いつかボランティアしたいなぁ。 ラッキーは宣伝部隊、隊長で。 あ、いよいよわんわん祭りに
なってしまう??? ^^;

English version--- Click here---
[PR]
by cogicogilucky | 2009-05-21 09:24 | 安・近・楽


テキサス州ダラスでコーギー犬ラッキーと暮らしています。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログパーツ
ライフログ
最新のトラックバック
YouTube ドラマ ..
from 東京DOGS 最新情報
のりピーこと酒井法子 バ..
from のりピーこと酒井法子 バキバ..
E vs. M
from だらだらダラス
カテゴリ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧