happahappa.exblog.jp

English pages are on the 2nd page of each article. Please click "English Version---click here---" below Japanese articles to go to English pages. Thanks!

コメント大歓迎です!大切な宝物です。でもここんところの時間的な事情で、返信はできない無精者をどうぞお許しください・・・。

カテゴリ:旅行( 47 )

St.Petersburg
e0014447_10531499.jpg


先々週の木曜日、仕事を早上がりしてラッキーをペットホテルに預け、急いで空港に向かい、ビューンとフロリダまでひとっとび!フロリダ西部のTampaへ行ってきました。

e0014447_1053191.jpg


目的地はSt.Petersburg。 St.PetersburgはTampa空港から車で30分ほど。Tampa,Clearwater,そしてSt.Petersburgの3エリアでTampa Bay Areaをなしているのだそうです。歴史のあるきれいな街で、高層高級コンドミニアムが立ち並んでいました。そしてまだ続々と新しい高層高級コンドミニアムが建設中。まだまだ土が盛ってあるような状態なのに 「売り切れ間近!!」という看板が掲げられていて、景気がよさげでしたよ。

で、そこでなにがあったのかというと、


e0014447_1053315.jpg


IndyCarの2016年シーズン開幕レースが行われたのでした!ぱふぱふ♪
そう、なんと、その開幕戦を見に行くことができたのです。「旅行」ができるようになったこと自体にも感動だし、さらに毎年興奮してみてたテレビの中だけの世界だった、テキサス以外でのIndy観戦、しかも初戦観戦。頭がぱ~~~っとなりっぱなしでした。ちびまるこちゃんの漫画でよくある、まるこの頭から何本かのラインが湯気のようにぱ~と出てる、あのイメージです。まさに。 いや、絶対なんか出てたと思うな。なにかが。ぱ~っと。


e0014447_1053261.jpg


Indyの最大のいいところは、私たち観戦者がガレージにもピットにも(特別チケットを購入すれば)入り放題だというところ。 本選中にはピットからでないといけませんが、それ以外は練習中も予選中も、ピットでスタッフの真後ろで見ていることができます。だから、上の写真のように、私たちが先にピット側にいて、次々とやってくるドライバーたちの写真を撮るということもできちゃうんですね。

e0014447_105339100.jpg


こんな風に、佐藤琢磨にキックボードでひかれそうになることも可能。 ぶくく。
実際このときは、後ろからやってきてた琢磨さんに気付かず、一緒にいた人に「よけて!」って言われてえ?え??ってなってたところで琢磨さんにぶつかりそうになり、「あ、あ、ごめんなさいー!!」と思わず叫んだら、琢磨さんに「大丈夫よー」という感じで手を振ってもらったのでした。 という、非常に近くでコミュニケーションもできるんですよ。F1じゃ考えられないらしい。

e0014447_1112303.jpg


ピットでぶつかりそうになる前には、ガレージでサインももらっちゃいました。
初日の朝早いときだったのでまだ人も少なかったのもあって、このシャイな私が初めて自分から。ひゃー。でもラッキーだったんです。このあとのサイン会ではものすごい長蛇の列ができてて、とても並べなかったので。


e0014447_10534516.jpg



佐藤琢磨さんは今年も引き続きAJ Foyt Racingで14号車を運転します。昨シーンはちょっと地味な結果だったけど、今年は無事全戦完走して、いっぱいテレビに映って欲しいなぁ。

テキサス以外でINDYを観戦したの初めてだったんですが、練習日(金曜日)からもんのすごい人出でびっくりしました。さすが毎年開幕戦をやっているところ。St.Petersburgはダウンタウンでのストリートレースなのもあって、町中がINDY色で塗りつくされていました。ローカルニュースもまずINDYのこと。 盛り上がりがすごい。 テキサスでINDYのことを話しても何それ?って言われることが多いので、この盛り上がりがすごい嬉しかったです。テキサスはNASCARが人気なんですよね。


e0014447_1054234.jpg


最終日のレース後、日暮れの時間と今にも降りそうな(あ、もうちょっと降りだしてたか)空をにらみながら、せっかくフロリダに来たんだから海を見よう!とフロリダの東側のビーチへ行ってみました。西側のSt.Peteruburgから東側のこのSunset beachまで下の道で30分くらい。あら、近い。 半島を横切るからすごいかかるのかと思いきや。白いきれいなビーチでした。貝殻がいっぱい落ちてたな。

e0014447_105476.jpg


あとホテルの近くにあった、この謎の看板。ずっと気になっていたんで覗きに行ってみました。 そのときは明るくて人が何組がプレイしてた右の写真がlawn Bowlingかと思って納得してたんだけど、調べてみると右のは全然違うみたい。lawn bowlingはもっと広い芝生で、ちょっとゲートボールみたいな感じのゲームみたいです。とても古いゲームらしい。歴史の古い町だからこそあるのかな?と思いました。

練習日、予選日と炎天下歩き回ってはしゃぎまくって、なんと情けないことに本選中はがくんがくんと船を漕いでしまうという・・・。レース自体はこれから録画を観なければ。とほほほ。 まだ有給が少ないから、仕事上がりで行って帰ってきてもすぐ仕事だったけど、本当に楽しい3.5日間でした。日焼けが痛いっす。
[PR]
by cogicogilucky | 2016-03-20 12:17 | 旅行

なーつーやーすみー!
e0014447_772049.jpg


はい、どーん!!(リスペクト to 片山一尉)
先週はインディペンデンスディのお休みでした。 ということで、ヒューストンまわりをOne Day Trip!
今回訪れたのは、ダラスにいるころから気になっていたけど、ダラスからではかなり遠くてなかなか行けなかったところ、名づけて『テキサスの歴史に触れながら、ビアとすいかとBBQの旅』。 長いな・・・。
往復290マイル5時間の道程。Houston→Shiner→Gonzales→Luling

e0014447_734331.jpg


e0014447_745670.jpg
まずは出発から115マイル2時間11分の地点にある、Spoetzl Brewery。 
ここは、テキサス人が大好きなビール、Shier Bockを作ってるところです。weekdayのみ工場見学(無料)が行われています。(リンクをクリックすると工場見学の詳細ページへ行きます)

e0014447_7481822.jpg


まずはギフトショップに立ち寄り、工場見学の時間までうろうろ。レジスターとか必要なく、時間になって案内の人が来たときにまわりにいればOK。 

e0014447_824617.jpg
待ってる間に工場見学についている無料の試飲コインをもらいます。コインは木でできていて、工場のモチーフがついています。一人4枚もらえます。私たちは工場見学前に1杯いただきました。
うぃっく。


e0014447_75938100.jpg
以前、Dr.Pepperの工場で飲んだときも思ったんだけど、工場でいただく飲み物っていつも本当に飲みやすくておいしい。お酒がめっぽう苦手で、ビール苦い・・・って言ってしまう私でさえ、この試飲のビールはおいしかったです。さっぱりしていて、ごくごくいける感じ。


e0014447_844814.jpg
工場見学は全部で30分くらい。
写真は撮ってもOkですが、ビデオ撮影はNG。
思ったよりもこぶりの工場で、ビールがどんどこどんどこ生産されていました。Shiner Bockは現在アメリカ43州で販売されていて、生産はここのShinerにて行われています。ちなみに一番有名なビールShiner BockのBockとはドイツ語で雄の鹿という意味だそう。
工場見学後、もう一杯試飲をいただいてほわっとした中で、次に出発です。(残ったコインはそっと返しておきました・・・)

e0014447_812535.jpg


ここはGonzales, TX。
ブログ仲間のredneckさんがお住まいの町で、ずいぶん前からどんなところだろう??と興味津々でした。redneckさんもお仕事やボランティアがとても忙しくなられて近況がわからないのですが、きっと元気いっぱい駆け回られていると思います。
去年とったHistoryのクラスでもGonzalesは出て来ました。テキサス州の大学ではGovernmentとHistoryはどの学科でも必修なんですが、しかもその中にはテキサスのGovernmentやテキサスのHistoryも含まれています。テキサスの歴史を語る上で、Gonzalesは必ず出てくる町なのです。

e0014447_8213680.jpg


この大砲から撃たれた一発の砲丸が、テキサスの独立戦争の火蓋を切ったのでした。
なのでこの大砲とそのエピソードにまつわる「Come and take it」の旗はこの町の宝であり誇りでもあるらしい。町を車で通っている間も、家々の前に立てられてる旗が、アメリカの旗、テキサスの旗、そしてこのCome and take itの旗と3種類だったのが、なるほど!ゴンザレスだ!と感じました。

e0014447_8311550.jpg


さて、最終目的地Luling, TXへ到着。
ゴンザレスから15分ほど。この辺りはTexas Hill Countryの一部なので、ところどころに丘があって、見晴らしがすばらしい場所がありました。

e0014447_8342277.jpg


まずは腹ごしらえ!
リサーチの結果、テキサス内でいつも5番に入るという有名なCity Market BBQへ。
計算したように12時きっちりに着いたので、ちょうどお客さんが続々と押し寄せていて、中に入るとこの行列。(上の写真右)

e0014447_8352229.jpg


でも行列は実はまだ注文場所の手前でした。
行列の最初の人の前の扉を開けると、中は薄暗くエアコンのないBBQ製造場になっていて、そこでできたてBBQを注文します。 メニューはいたってシンプル。リブ、ソーセージ、ブリスケット(大きな肉をスライスしたもの)、ポークチョップ。この場所ではBBQのお肉のみ注文・購入で、サイドメニューとドリンクは外のカウンターで別に注文・購入です。BBQソース(激うま)もドリンクカウンターでもらえます。

e0014447_8394094.jpg


私が今まで経験したBBQ屋さんとの大きな違いは、まずBBQのお肉は量り売りだということ。
リブは大体一人分はどれくらいですか?と聞くと2本、3本かな?といわれたので、じゃあ3本で。
ブリスケットは?と聞くと大体2枚、3枚かな?と言われたのでじゃあ3枚で。 
リブはよかったんですがブリスケットはスライスがかなり厚くて、3枚はかなり多かったです。(笑) リブもブリスケットのスライスもその時によって大きさが違うので、この量り売りというのはとてもフェアだなと思いました。 通常の店ではお店の人の目分量で決めてることが多いです。 パンはいる?と聞かれて「いる」というと、わきの食パンを適当に入れてくれました。
もう一つ、通常の店と違うところは、皿がないこと。
写真の通り、厚手の紙2枚に置いてわきをちょっとくるっとして「はいよっ!」と渡されます。ワイルドだろぅ?
そしてカトラリーがないこと。
肉は手づかみです。リブやソーセージはまだいいんですが、ブリスケットのスライスを手で食べるのはさすがにこれはワイルドだー!と思いました。 ちなみにサイドメニュー(ポテトサラダ、ビーンズ)用にはプラスティックのスプーンとフォークをもらえます。
ここのBBQ、さすがに評判なだけにかーーなーーーりーーーおいしかったです!!今までで一番かも。ソースをつけなくてもおいしかったけど、ソースもおいしくて、壁には「ソースのビンは持ち帰らないで!」と貼ってありました。気持ちわかるわ。

e0014447_8494270.jpg


さて、Lulingといえばスイカ!
このスイカの貯水塔の写真をとるのは今回のミッションの一つでした。ので、ぱしゃり。
アメリカ中、いろんなところにスイカの町があって、その町なりにいろんな工夫をしてるらしいんですが、その中でもこのスイカの貯水塔は評価が高いみたいです。私も好きです、これ。シンプルでインパクト強い。

e0014447_8532393.jpg


で、はい、どーーん!!(片山一尉は最終回では三佐になってましたねぇ。)
ディトリップのいいところは、生鮮食品を買って帰れるところ。 BBQ食べたところの横にあるFarmer's Marketで数あるすいかの中から 「甘いのください!」とご購入。10ドルなり。
最近近所のスーパーでは5ドルくらいになってるスイカなので、正直高いなと思ったんだけど、どこでもFarmer's Marketって新鮮でいいものを売ってるけど安いわけではなく。 これってめずらしく日本と逆の現象だなぁと思います。日本だと道の駅とか、田舎の沿道とかの店では通常買うより安く売ってたりしますよね? 

すべての目的を達成して、帰りは10号をどーーんとヒューストンまでかっとばして帰ってきました。帰ってきてすぐにスイカを冷やし、夜にいただきましたよ。甘いーー! 本場で買ったスイカはやっぱりとてもおいしかったです。あー、しやわせー。 
朝7時半出発、10時のビア工場見学に参加して、午後3時ごろには家に戻ってこれました。これだけ楽しんで自分のお布団で寝れるなんて贅沢。とても楽しい夏の旅でした。

e0014447_934821.jpg


実はこの旅のヒントになっているのは、すごく昔にテレビで見た上のPBSのテレビ番組、The Day Tripper
番組ではオースティン起点で回ってるので私たちの今回の旅とは逆まわりなんですけど、順番以外はまったく一緒。 ちょっとビデオが重いかもしれませんが、BBQの場所とかちゃんと写ってるのでよろしかったらご覧ください。リンクをクリックするとビデオがあるページに飛ぶようになっています。

English Version----click here--------
[PR]
by cogicogilucky | 2013-07-10 09:08 | 旅行

あ~夏休みぃ♪
e0014447_3193249.jpg


学校が始まる直前の週末、夏休みっぽく、久々の旅行に行ってきました。
車でど~~~んとアメリカの大地を駆け抜けましたよ。^^


e0014447_3195110.jpg


こんな赤い世界へ行ったり



e0014447_320156.jpg


泉をくんだり



e0014447_3204072.jpg


水に浸かったり(もちろんラッキーだけ)



e0014447_321360.jpg


こーんな高いところへやってきて



e0014447_3212110.jpg


名物のドーナッツを頬張り、(激うま)



e0014447_3214143.jpg


ラッキー、今年4度目の雪に、なんのためらいもなく突進&味見



e0014447_3215882.jpg


ムースや



e0014447_3221646.jpg


鹿にも会えたし



e0014447_3223349.jpg


町の中に、わんこ用の水がいたるところに用意されてて、とってもドッグフレンドリーなところ
でした。あ~、楽しかった♪ これからまたがんばろう!ってエネルギー補充完了です。

涼しいところに行ったんだけれど、それでもやっぱり夏。
日中にラッキーを車においていけないので、食事で大活躍してくれたのがマック。
まくどなーるーどー、です。マックってずーーっと入ってなかったんだけれど、今回再発見
しましたよ。

マック、うまっ (゚Д゚;)

今回私がはまったのがこれ↓

e0014447_3431486.gif


Angus Third Pounders のマッシュルーム&スイス。
はじめ見たとき、そのでかさに食べれるかなー?なんてかわいいこと思ったんですが、なんなく
ペロリ。 いやー、マックっておいしかったんですねー。 危険なものを好きになってしまったかも
しんない・・・。
[PR]
by cogicogilucky | 2010-06-12 03:49 | 旅行

タッチアンドゴー
e0014447_1534485.jpg


試験が終わり、夏休みになった途端、即!ちょっくら日本に帰ってました。
で、いろいろ用事が終わって、即!ダラスに戻ってきました。
あまりにもタッチアンドゴーだったので、連絡できなかった方、ごめんなさいです。ひらに、ひらに。

写真は福岡に向かうスカイマークエアラインズ。安くてシンプルでよいのだ。がんばって欲しいのだ。


e0014447_1540896.jpg


上の写真は浜松町でニモカ。
意味がわからない??
ニモカは福岡人の足である西鉄バスの運賃支払いカード・・・っていうのかな。
あの硬い、ピっとかざすだけのカードの総称ってなんていうんでしょう?はて?
で、
現在福岡では西鉄バスのニモカ、市営地下鉄のはやかけん、JR九州のSUGOCAと3種類あるん
ですが、

「げーーー!そげん、たくさん、めんどくさかろうもん?ヾ(゚Д゚ )」


って思っていたら、この春に一気に東京のSUICAとも相互利用できるようになってました。 
すげ。ハイテク日本ばい。
で、東京のJRの自動改札で、ニモカをぴ!するたびに、一人にまーーー(* ̄∇ ̄*) として喜んで
いました。 だって、ニモカはかわいかけんすいとっちゃん♪ ニモカ東京進出ばい♪


e0014447_15534684.jpg


最近の事件としては、愛用していたデジカメが壊れたこと・・・(TωT)ブヒー
上の写真のように、液晶画面が壊れちゃって、覗き窓ついてないので撮れないのであります。
撮る機能は動くんだけどね。見れないから撮れない。ぶー。
右下のちょびーっとだけが見れるんですが、これじゃあ、アタックチャンスでヨーロッパ旅行も
あてられやしなーい!ってくらいのちょびーっとなわけで。
F30シリーズは名機で、それを超えるものは出てないとかってネットで言われてるのを見るのも
つらいですが、しょうがないので、アマゾンで激安になってた後続機を買いました。
まだ慣れてないので、ズームがあわずにぎゃーぎゃーゆうとります。
なんかいいのが撮れたらアップしたいと思います。

夏も授業をとってるので、またもうすぐ学校がはじまりますー。
あと数日の夏休み、楽しむぞー。
[PR]
by cogicogilucky | 2010-06-03 16:00 | 旅行

私の前に道はなく、私のあとに道はできる
e0014447_1443297.jpg


DublinからまたStephenvilleへ戻り、今度は来た道と違う道でダラス方向へ帰り始めました。
その途中の町、ここはGranburyです。
やはりここも小さな田舎の町。例に漏れずのOld Downtownの作り。真ん中にCourt House
がどんとあって、回りを小さな店が囲んでいました。


e0014447_14444550.jpg


町の中をこんなバスも走っていて、ここのDowntownは人がたくさんショッピングを楽しんで
いて、活気がありました。



e0014447_14472778.jpg


ネットで見ると、ちょうどこの日はカーブサイドにお店がワゴンを出したりして、特別ににぎわって
いたみたい。アンティークショップや、小物屋さんが並んでいて、主にちょっと年配の女性が
楽しそうにしていました。
このときにはとても天気もよくなっていてすごく気持ちよかった。
アイスクリームショップで1スクープアイスを買って、外で人の動きを眺めながら食べました。
もちろんテキサスのアイスはBluebellですね。^^


e0014447_14485488.jpg


さて、先へ進みましょうかと車を動かしだしたらすぐにビーチを発見。
・・・。ビーチ???



e0014447_1451085.jpg


もちろんここら辺に海なんかあるわけがなく、ここは湖沿いのビーチなんですが、海のビーチ
っぽい雰囲気に作られていました。 脇には大きなホテルがたっていて、上の写真みたいな
海の中の歩道なんかもあって、人口的とはいえそれなりに 「ここはどこ?」 的な雰囲気が
楽しみめました。 


e0014447_14531855.jpg


ほら、みんなも楽しそう^^




e0014447_14534750.jpg


夕暮れ、太陽がその日の力を出しつくそうとがんばる時間にフォートワースに到着。
Granburyって、フォートワースからほんのちょっと行ったところだったんですね。
だからあんなににぎわっていたんだ。フォートワース住人がちょこっと散歩にこれるところ
だったんだな。


e0014447_14551947.jpg


もくもく雲に、ピーチシロップがかかってておいしそう・・・・




e0014447_1455594.jpg


フォートワースのストックヤードは何度も来てるけど、この日は線路な気分。
こんな身近に見る線路ってけっこう非日常。
なぜだか小さなころから線路って、ミステリアスでロマンチックな感じがします。
そして、なぜだか寂しさも含んでる。 夕暮れ時にはそういう感じがまた増幅されます。



e0014447_1512210.jpg


よく見ると、けっこううねうねと曲がっている線路。
うねうね曲がりながら、いっぱい分岐点がありながら、すーーーっと先へ向かって伸びてる
道が、なんだか自分を応援してくれてるみたいな、そんな気分になります。



e0014447_1531422.jpg


線路に足をつけて渡り始めたら、すごく新鮮な感動がありました。
足に感じる線路の感触や、少し傾いたりうねってる一本の鉄の上を歩くのが思ったより
難しかったり、あるいは昔々の自分とは変わってしまってる今の自分の平衡感覚や運動神経
に気づかされたり。 きっとはたから見ると、ただ線路を渡ってるんだけれど、やってみると、
そこには大きな楽しさが潜んでいました。 たた単純におもしろい。

きっと、私のまわりにはそういうことがいーっぱいあるんだろうなと思いました。
やってみたらおもしろかったということ。
たぶん、やってみたらおもしろくなかったって反対のこともあるだろうけど、発見には違いなく。
これから私はいろーんな発見をしていって、どんどん自分の線路を楽しく渡っていくぞ。
いつか後ろを振り向けば、そこにはきっとおもしろい自分の線路が見えるはずです。

なんつって。(照)



今回の旅は恐竜パークからこのフォートワースで終了。最後はフォートワースのカウボーイ
たちとばりばりカントリーのライブを聞いて、これまた非日常を堪能。朝ゆっくり10時とかに出発
して1日でこれだけ楽しめたって、すごくお得ですね^^ 
さて、お次はどこへ行こうか。 考えるところから楽しみは始まっています。

English Version---click here-----
[PR]
by cogicogilucky | 2009-05-19 15:40 | 旅行

赤くてシュワシュワするもの
e0014447_1330528.jpg


UFOの町Stephenvilleから車を走らせて15分ほど。
ここはDUBLINです。 静かな小さな小さな町。 Stephenville まで来たら、ここに来ないと。




e0014447_1333135.jpg


ここは、世界で一番古いとさせる炭酸飲料Dr.Pepperの、世界で一番古い工場のある町です。
ここで作られるDr.PepperはDublin Dr.Pepperといって、普通に売られてるDr.Pepper
とはちょっと違うんです。



e0014447_13345782.jpg


ほら!Dublin Dr.Pepperはかように巨大なんです!!
って、ウソウソ。(わかるって)
Dublin Dr.Pepperは、昔ながらに甘味料に砂糖(Imperial Sugar)を使っているんです。
それでボトルにはしっかりとImperial Sugarのマークが入れられていて、通常のDr.Pepper
と違いを見せています。



e0014447_1337127.jpg


お昼時で、ハラヘリーなので、まずは工場の裏手にあるソーダショップへ直行。





e0014447_13384182.jpg


中はレトロで、いい感じ! 来る前にネットでソーダショップの外観を見たときは、ちょっと
どうかなーと不安があったんですけど、いや、いい感じです。 




e0014447_13403987.jpg


中の人はすごくフレンドリーだし、店はこざっぱりとレトロで、観光のお客さんもほどよくいて、
好きだなーこういうの。 あ、私が何か買ってるのが写ってる(*゚ー゚)ゞ 




e0014447_13422056.jpg


サンドイッチと、ファウンテン(Dr.Pepper)をとりました。
このDr.Pepperがうーーーまーーーかーーーっーーーーったーーーーぁ!!!!!
今まで飲んだ史上最高でしたよ。 Dr.Pepperって、慣れるとうまいけど、最初はちょっと
薬品臭い感じが壁になるんですよね。 でも、ここのDr.Pepperはその薬品臭さがまったく
なくて、やさしい味で、単純に 「これ、おいしい!」って思いました。 Dr.Pepperがおいしい
っていうんじゃなくて、「これ、この飲み物、おいしい!」 って。 えっとニュアンス伝わる
かな??

このファウンテンをついでくれた、かわいいお姉さんも 
「ここのファウンテンは、シロップとソーダとここでミックスさせてついでいるから、
この感じで何かもっとこういう風がいいなっていうのがあったら言ってね。調整するよ。」
 
って言ってたけど、そういうこともできるんですね。でも、彼女のミックス具合最高でした。 
「今まで飲んだ中で最高おいしかったよ!」って言ったら「Yeah!」って喜んでくれました。かわいかったなぁ、あの子。


e0014447_1350269.jpg


さて、ソーダショップで一人5ドルで申し込んで、工場見学です。
写真は工場の入り口横にあるオフィスの入り口。
30分に一回かそこら(適当ですみません)の間隔で工場見学ができます。
1グループ10人~15人くらいかな? 




e0014447_13525830.jpg


まずは工場の入り口で冷えたDubin Dr.Pepperを一人一本づつもらいました。
やった! さっきもう一杯飲んだあとなので、これはお土産に持って帰りますよ。
いやしかし、ボトルを握る手がたくましすぎるな・・・・。



e0014447_13561516.jpg


みなさん、その場で飲みながら説明を聞いてます。
ここの工場では、今販売されてるDublin Dr.Pepper以外にも、もっと古いDr.Pepperの
ボトルを持ってる人がそれを送ってきてリフィルしてくれたりとかもしてるらしいです。



e0014447_13584048.jpg


ボトルを洗う機械や、瓶詰めする機械、工場自体は上の感じと、あと一部屋隣に検査の部屋
があるだけの小さな小さなものでした。でも、ちゃんと動いているんですねー。
以前はこのDublin周辺でしか売られていなかったDublin Dr.Pepperですが、最近では
ネット販売などでいろんなところで買えるらしいです。
あとでビン詰めのDublin Dr.Pepper飲んだけど、あのファウンテンと同じでおいしかった
です。

ちなみに、今普通に売られているDr.Pepperは甘味料にコーンシロップが使われている
らしいですが、昔々は砂糖が使われていたので、「朝10時 昼2時 夕方4時にDr.Pepper
を飲みましょう」 というスローガンが使われていたらしいです。 昔々は砂糖=元気を出す
ものだったので、砂糖が入ってるDr.Pepperは栄養ドリンク扱いだったらしい。
血糖値が下がる時間にこれを飲んで、1日中元気に働きましょう!ってことだったらしいですよ。

期待以上においしくておもしろかったDublin。
さて、また散歩をすすめましょうか・・・



e0014447_1419299.jpg


最近ちょっとバタバタしていてラキレオの写真が少ないですが、ふたりともとっても元気ですよ。

English Version ----Click here----
[PR]
by cogicogilucky | 2009-05-08 14:32 | 旅行

散歩道は、散歩そのものが目的であって、それ以上でも以下でもない。
e0014447_0426100.jpg


さて、今回のドライブの目的地周辺です。
どーん。
なーんにもない。 なんにもない、なんにもない、まったくなんにもない。(ギャートルズの歌)

なんか、出そうでしょ?



e0014447_0433963.jpg


ほら、出そう、出そう(゚∀゚)アヒャ





e0014447_0441650.jpg


すごくなにかが出そうなここは、どこかというと、Stephenville, Texas。
ダラスから車で1時間半~2時間ほど西に行ったところにある、Cowboy Capital、もしくは
ミルクの町。 実は私のブログでも去年ご紹介したことがあります。
それからずっと気になってて、いつか見に行ってみたいなぁとぼんやり思っていたのでした。



e0014447_0472921.jpg


e0014447_0480100.jpg


e0014447_0483648.jpg


e0014447_049367.jpg


e0014447_049261.jpg


Stephenville、実際人々が賑わってる界隈は普通にアメリカの小さな街で、ウォルマートやら
各種ファーストフードやらなんでもありなんですよ。 これは失礼ながらけっこう意外でした。
上の写真群は、Stephenville Old Downtown界隈です。 なんとなく雰囲気が伝わるで
でしょうか。 アメリカの小さな古い町のダウンタウンでは定石の、真ん中にCourt House
がどーんとあって、周りに小さな店が囲む形。 ここもそういう形です。

で、この「アメリカではよくありがちな田舎の町」に、なぜ訪れたいなと思ったかというとですね、



e0014447_0542096.jpg


ここ↑をご紹介するのがわかりやすいと思われます。
Stephenvilleの新聞社です。



e0014447_0555164.jpg


コギコギ、何かしてます・・・・。
何をしてるかっていうと、



e0014447_0562610.jpg


これ↑。 新聞社の入り口にある新聞の自動販売機にて、その新聞を記念に購入中。
ちなみに自動販売機、と言うとこう、機械化されてて、電気が通っててーってイメージですが、
これはそんなんじゃなくて、コイン入れて、ガッタンコとドアを開けて新聞を取り出すという
停電にも負けないとてもすぐれものタイプの自動販売機なのです。

で、さらに、なんでここの新聞社に来たかっていうと・・・・。
下のYOUTUBEをご覧くださいまし。





どうでしょう???
映像に出てきてたところ、だったでしょう??上の写真たち。
そう、このStephenvilleは、去年UFOが目撃されたとして、全世界で(ちょっとの間)注目された
ところだったのです。 出そう、出そうって行ってたのはUFOだったんですよ。(゚∀゚)アヒャ
新聞社も、その新聞社だったわけです。

今回残念ながら(?)UFOに遭遇させていただくことはできませんでしたけど、

「きっと目に見えない宇宙人がウヨウヨいるんだよ・・・・ヽ( ´∀`)ノうふふ♪」

って楽しい思いをしながら散歩を楽しんできました。


e0014447_15363.jpg


ほら、ご満悦!



ちなみに、タイトルの言葉ですが、金田章裕(きんだ・あきひろ)京大教授の『散歩道の路草』
より拝借しました。

歩道は、それを選ぶ人にとって好ましい道であろう。街道のようにひたすら目的地に向かって歩むものではない。散歩道は、散歩そのものが目的であって、それ以上でも以下でもない。これは、人文学はもとより、さまざまな研究に向けてのトレーニングの過程にも似ているかも知れない。そこには、思いもかけない好ましい景観や野草があるかも知れない。時には目的地への道と続く発見があるかも知れない。しかし、それは結果であり、散歩道をたどる理由ではない。


これ読んだとき、なんかピピピッときたんです。
「そうか、私が最近やってるのは、ドライブっていうんじゃなくてちょっと長い散歩だな」って。
目的地があるけれど、目的地に行くのが目的じゃなくて、いく過程そのものが目的。まさにそんな
感じです。 今回も、一応このStephenvilleが目的地ではあったんですが、「うわー」「うおー」って
楽しんだのはどちらかというとそこまでの路や、そこからの路で出会ったものたちだったりします。

ということで、この長い散歩はまだまだ続くのですよ。

English Version ----Click here----
[PR]
by cogicogilucky | 2009-05-05 01:29 | 旅行

恐竜公園
e0014447_122085.jpg


なんとなーく行ってみたいなーと思ってたところに向かってドライブに行きました。
目的地自体も、これ!!と言ったなにかがあるってわけじゃないところなんですけど、なんでもない
ところでも、それなりもたくさん楽しいことが転がっていたりするわけで、そういうのを見つける楽しみ
というのがあったりします。 実際今回も、たくさん転がっていた楽しいことやわくわくを拾ってこれ
ましたよ。  目的地がどこだったかというのはまたあとで書くとして、とりあえずハイウェイ67を
ばーーーーっと西へ走ります。




e0014447_165697.jpg


Glen Roseという町は、以前サファリパークみたいな、車で乗り入れる動物公園に来たことがあり。
そして帰りに、初めてのスピードチケットをきられた思い出あり・・・。
むむぅ。




e0014447_194631.jpg


Glen Roseに近づくと、Dinosaur Valley State Parkの看板がたくさん出てきます。
一応手元に持ってたテキサスガイドブックにも、Glen RoseといえばDinosaur(恐竜)だと
たくさん乗っています。 評判もまぁまぁっぽいけど、恐竜っていえばお子様向きかしら、
大人は楽しめないかしらとちょっぴり不安があるものの、まぁ、せっかく通ってるのだし
寄ってみようってことで行ってみました。



e0014447_113248.jpg


ほら、恐竜!
あら、かわいい。 こういうの好きです。





e0014447_1141640.jpg


このDinosaur State Parkでは、恐竜の足跡の化石が見ることができます。
中には、肉食獣が草食獣を追いかけてたらしい足跡とかもあるらしい。






e0014447_1243542.jpg


らしい、というのはですね、この日は実際には見れなかったんです。
恐竜の足跡は川底にあって、この日は前の日の大雨で特に水量が増えてしまって、まるっきり
足跡(Track)を見ることはできませんでした。 水量が減る夏季が見時だそうですよ。
でも、State Parkだけあって、景色がすごくきれい。 
うちの周りにはない様子に、まるですっごい遠くに旅行に来たみたい。ほくほく。


e0014447_128142.jpg


みんな、向こう岸に渡って楽しそうなので、私もやってみむと試みるコギコギ。





e0014447_129427.jpg


途中の飛び石が水に使ってるので、はだしになってはしゃぐコギコギ。
はだしで石の上を歩くとか、ちょー非日常で、その感覚自体でもうはしゃいじゃってます。
うおー、新鮮っ。




e0014447_1305269.jpg


後ろに続く仲間を発見。





e0014447_1313596.jpg


ほら、はだし仲間。  
アメリカの人って、割と普通に家のまわりとかはだしで歩いちゃってるから、私ほど新鮮味は
感じてないかしら? いや、でも、おばちゃま嬉しそうですよ。(゚∀゚)  
ひやっこくて気持ちいいですよね。



e0014447_133418.jpg


渡った先の、本来恐竜の足跡が見れる場所では、パークの職員の方々が一生懸命水をかきだす
作業をしていました。
・・・・。
いや・・・、無理だろう・・・。 掻きだせるのか、この水を。 (いや、だせないだろう=反語)




e0014447_1345177.jpg


こんな感じに、川岸に何箇所かTrackを見るポイントがあります。
そして、そこそこに、春らしくいろんな花がぽつりぽつりと咲いていて、とてもかわいい。
小さな花がすっと咲いてる様は、本当に心がほっこりしてきます。


e0014447_136332.jpg


そして、さぁ、もう行こうかって時に、鹿出現。 後ろのはすごい体勢だな。





e0014447_1364653.jpg


かわゆすー。




e0014447_1421553.jpg


でもずーずーしすー。( ̄ー ̄;)
なんだかすごく人に慣れていて、車の前とか堂々と横切って、メンチきっていきますよ。
かわいいながらも、しっかりと環境に適応して生きていってるんですね。

私は動物公園以外で鹿を見たのは初めてだったので、すごく興奮したんですが、どうも
鹿は割りとよく現れる動物らしいです。リスほどではないにしても、割とフツーなんですって。
そういえば 「鹿注意」 の看板はよく見かけたことはあります。
でも私は看板しか見たことなかったなー。


e0014447_1511099.jpg


パーク内には、上に見えるようなでっかい恐竜の銅像があります。
昔NYで博覧会があったときに使われた銅像で、その後いろんなところをまわった後、ここに
やってきたのだそう。 この銅像自体は・・・・むぅ・・・・。 まぁ、ね。 いっか。
でもこの公園は足跡を見てまわるだけじゃなくて、そんなにハードでないトレッキングができる
コースがあったり、キャンプ場があったりして、ちょっと自然を楽しみに行くのにはとてもいいなぁ
と思いました。 川辺でピクニックとかも気持ちよさそう。 

さて、次の記事ではいよいよ目的地です。 

English Version ----Click here----
[PR]
by cogicogilucky | 2009-05-02 02:15 | 旅行

野外コンサト (のだめ風のしゃべりで)
e0014447_8375160.jpg


また行ってきました。 Roanoke, TX。
以前、仲良しのD嬢に連れてってもらってから、気に入ってます私、この小さな小さな町。


e0014447_844453.jpg


小さなCity Hall。 
そうか、この日のお昼に私がした問い合わせの電話はここにかかっていたのだね。
あののーんびりした電話の相手はここにいたのだね。ふふっ。


e0014447_846484.jpg


この日は月に一度の、Roanoke市主催の、無料野外コンサートの日。
毎月一度、木曜日にこの会場で、出演者を変えて野外コンサートが行われているらしい。
・・・会場・・・。 うーん。 会場っていうか、うーん。 まぁ、会場です。 あとでわかります。(´▽`)


e0014447_8475398.jpg


Roanoke市長さんもごあいさつ。 
これからの予定とかだけちょこっとしゃべられただけで、控えめなお人でした。
Roanokeロゴ入りコットンシャツに、ジーンズ、ブーツという、いかにもここら辺の町のお方。
やっぱりこちらの方はこういう格好が似合うのです。


e0014447_8505572.jpg


ブランケットを敷いて、ほら、野外コンサート。
ピクニックも持って来てよいので、フルーツとチーズと、赤い飲み物をちょこっと。(こっそり)

この日の演者はJohn Adams Group、Smooth Jazz/Bluesのバンドさん。
ここら辺が地元の方々のようです。John Adamsさんはベーシストで、UNTでJazz専攻で
マスターまでとったんですって。 詳しくはリンクでどぞ。


e0014447_8565992.jpg


観客のみなさん(´▽`)
真ん中がジャリなので、だれも座りまへん。座れまへん。 子供達のダンスフロアーになって
おりましたよ。 みんなおしりを振って、思い思いに踊ったり、石を食べたり。(おいおい)
大人たちは、ぱらぱらと周りに座っておりました。 もうちょっと人が集まって欲しかったですな。
でも、贅沢です。タダだもん。
演奏はよかったしね。


e0014447_8592895.jpg


ご自分の息子さん(推定1歳半)に、しょっちゅうステージにあがってこられていたギタリスト
さんですが、最後はキリキリキリ~~~!ときめていましたよ。 かっけー。
向こうのシンセサイザーのおじさんが、時々ボーカルしてました。甘い声でした。
私の好きなAin't no sunshine 歌ってくれたから嬉しかったです。Ain't no sunshineって
どこで聞いて好きになったんだっけな?と思い出せなかったけど、そうだ、Notting Hillで流れ
ていたんでした。 Julia Robertsと一度別れたHugh GrantがNotting Hillを歩きながら
どんどん季節が変わっていくシーンで、バックに流れていたの。 Hugh Grant大好き。
昔々憧れてた人に似てるんです。って、知ってる人はだれも同意してくれないんだけどね。
でもっ、生まれた年も一緒なんだよっ。 似てるでしょっ。 ぜいぜい。
Notting Hill、また見ようっと。 (´∀`)タハー



e0014447_951429.jpg


コンサートは7時~8時。 1時間はあっという間。
お天気は曇りだったけど、ずいぶん日が長くなりましたDFWエリア。 8時でこのくらいです。
で、コンサトのあとにはやっぱりここ。


e0014447_963550.jpg


Prairie House Restaurant。 以前D嬢に連れてきてもらったところです。
肉を食いますよ。 肉を。



e0014447_974390.jpg


D嬢オススメだった、Texas Bandidos をまずアペタイザーに。
チーズ詰めハラペーニョがベーコンやチキンに巻かれています。これはうまい!
で、下のオニオンと緑もの(不明)のフライもうまい! ちなみにこれ3つでハーフオーダーです。
十分でございます。


e0014447_918877.jpg


私はTexas 2 Step。 BBQメニューから2つ選べるもの。
ブリスケット(牛肉)とチキンにしました。ブリスケットがほろほろですごくおいしかったです。
ところでブリスケットと打つと、ぶり助っ人って出たのにウケましたよ。(゚∀゚)アヒャ


e0014447_9201185.jpg


ここに来たら、このビン入りソフトドリンク。
・・・なんですがね。 この日は、私は調子にのってビールを頼んじゃって、最後に助けを求めて
「み、水、水を・・・くれ・・・・」
的にもらったのでした。 とほほほ。
でも、このビン入りドリンク欲しかったから、最後にもらえて嬉しかったです。


e0014447_9221817.jpg


ほれ。 飲みすぎ、食べすぎでグロッキーな私。 あちゃー。
もうちょっと考えて食べましょうね。 

春は天気が移り気で、この日も前日までは嵐の予報だったんです。 でもその日午後には大丈夫
らしくなってきたのでよかった。 ご飯食べ終わったらぱらぱらっときてたな。危ない、危ない。
これからどんどん野外コンサト向けの季節になっていきます。 いっぱい行きたいなー。
で、テキサスの場合、”野外コンサト向け”の温度っていうのはすーぐ行き過ぎちゃうんです
けどね。( ̄ー ̄)ゞ フフッ 今年はどんな夏でしょかね?

English Version ----Click here----
[PR]
by cogicogilucky | 2009-04-18 09:53 | 旅行

へん顔
e0014447_2331910.jpg


エニスではいーっぱいラッキーの写真を撮ったんですが、中にはいっぱいへん顔が混じって
いまして、それが (#゜ε゜#)プッ と、実に軽~く プッと 笑わせてくれます。
ということで、今日はヘン顔コレクションをご紹介します。

上の写真は、『リーシュで脳天チョップ』 です。





e0014447_239850.jpg


( ゚∀゚)アハハノヽノ \ / \



e0014447_2395272.jpg


これは顔でなくて、『風景にそぐわない行為』とでもいいますか。
『写真撮影にそぐわない行為』といいますか。 
しっこ袋が空になってても、彼の本能はこの格好をさせてしまうのですな。
ある意味、自然+自然、ということでそぐってるのか。あり。


e0014447_2413569.jpg


人間でもありがちなシャッターと同時に目を閉じたくん。




e0014447_24226100.jpg


これは、一見いい顔にも見えるんですが、




e0014447_243121.jpg


ほら。 いや~んをしてる最中なんです、実は。 首輪がぐいってなってるでしょ?
で、なんでいや~んが出てるかというと、



e0014447_312091.jpg


お友達が向こうで写真を撮るために止まっていて、で、私はこっちにずんずん進んだん
です。 となると、私達という群れが広がってしまっていて、ラッキーはこの群れがさらに
離れてしまわないように今の位置から動けない。 Corgiは本来Herding Dogで、
牛や羊などの群れを、固まりのまま動かしていくという仕事をしていたため、このHerding
の本能が残っているんじゃないかなー?と。 そういう風に考えると、今回のいや~ん
も、アルバカーキで出たいや~んも納得がいくんですね。

ただ、いつでも納得がいく行動をしてくれるわけじゃないので、間違ってる可能性も大。
ただ、気まぐれなのかも。 ね。


では、へんな顔じゃなくて、いい写真で締めますよ。


e0014447_2505435.jpg


e0014447_2511997.jpg


e0014447_2513599.jpg


ちょっと肌寒くて、風が強かったけど、お日様も照ってくれて、この日に行って本当によかった
です。ブルーボネットの季節はいつも不安定なので、お天気にはいろいろ痛い思い出もあるん
ですが。 今年は当たり!でした。^^

English Version ----Click here----
[PR]
by cogicogilucky | 2009-04-15 02:58 | 旅行


テキサス州ダラスでコーギー犬ラッキーと暮らしています。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
最新のトラックバック
YouTube ドラマ ..
from 東京DOGS 最新情報
のりピーこと酒井法子 バ..
from のりピーこと酒井法子 バキバ..
E vs. M
from だらだらダラス
カテゴリ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧