happahappa.exblog.jp

English pages are on the 2nd page of each article. Please click "English Version---click here---" below Japanese articles to go to English pages. Thanks!

コメント大歓迎です!大切な宝物です。でもここんところの時間的な事情で、返信はできない無精者をどうぞお許しください・・・。

タグ:ハプニング ( 7 ) タグの人気記事

めりーくりすまーす??
e0014447_3211630.gif


昨日、ラッキーの散歩から帰ってきたら玄関先になにやら大きなダンボールが来て
いました。 宛名はワタシ・・・。

はて?覚えがない。

箱を開けた途端に「ほーら、もう開けたからお金払いなさーい」みたいなのだったら
ヤなので、夫くんが帰るまで待って聞いてみた。


  「箱??  箱・・・・。
     おおぉぉ~~~~! や~~っときたか~~!」


と、しばらく考えたあと心当たりのある様子。  
で、さっそくあけてみたら・・・

e0014447_3111861.jpg


くっ、くりすます???



まずはそこに突っ込みを入れたものの、よ~~~く見るとなんとこれ!

e0014447_3243425.jpg


こんなで


e0014447_325099.jpg


こんなで


e0014447_3252841.jpg


こんなで


e0014447_326255.jpg


こんなで


e0014447_3262650.jpg


こんなで、そしてテッペンには・・・


e0014447_327363.jpg


ホネの星~~!!!



そう、これはコーギーツリーなのでありました。
もう、ツリー中コーギーだらけでかわいいのなんの!!
夫くんが去年の11月ごろこういうのを見つけて注文していたんだそう。
クリスマスに当然間に合うのかと思っていたら、いろいろ手紙が来て遅れていることを
お知らせされていたんだそうです。


    「でも、ちゃんと来たなぁ~~。  はっはっは」


ウツワ、でかし。

もう3月だけれど、こうなるとこないだのクリスマスに間に合わなかったというよりも、
今度のクリスマスの準備的で、なんだか楽しくなってきたぞ。
宛名はワタシだったから、これもクリスマスプレゼントの一つのつもりだったのかな?
言葉少ない夫くんは、なにも言いません。


e0014447_3315846.jpg


それとも「コギコギ様つけ ラッキー様あて」だったのかな?



*ちなみにこの商品はこちらでごらんいただけます。

English Version----Click here---
[PR]
by cogicogilucky | 2007-03-02 03:52 | 新しいモノ

TAOS タオス ⑥  スキー場1日目
e0014447_3401087.jpg


さて、怒涛の雪道との戦いの一夜を明け、翌日はなーんとすっごいピーカン天気。
この写真を撮った時点で、もうすでに駐車場の雪は解けてしまっています。
前日の夜は、ここもすごい雪&カチンカチンで、4Runnerが上らなかったのですよ。
準備周到の夫くんが、家から持ってきてた砂を後輪付近にまいて、やっと上ったしだい。

PS 「準備がよくてすごいなぁ・・・」と感心しながらもどうしても心によぎるのを止められ
   なかった言葉は   砂かけじじぃ ・・・。 恩知らずやなぁ、ワタシ。



e0014447_3455592.jpg


↑今回泊まった宿は、TAOS SKI VALLEY内にあるAUSTING HAUSです。
ゆうべ150を上りながら、この看板を発見したときは嬉しかったなぁ。
TAOSのスキー場はコロラドとかのメジャーなでっかいスキー場とは違ってこじんまり
しているので、その周辺の町もとってもこじんまりしています。なので、最初はここを
通り過ぎちゃってスキー場のベースまで行っちゃったんですが、それでも
「ここには建物があるな・・・」
程度に思ったくらいで、そこがベースだったとはあとで気づいたくらいでした。
とても暗かったんです。


e0014447_3502968.jpg


AUSTING HAUSはB&Bです。


もみじまんじゅう~~~!!!
ヾ( ^ω^)ノヾ( ^ω^)ノby B&B


   

ではなくて。 シラー(*'ω')フツーソンナコトオモワナイッテ

Bed&Breakfastです。
オーナーさんがドイツ系なのだと思われ、ドイツ風にしてあるみたい。
SKI VALLEY内の宿はほとんどがヨーロピアンでした。 下のTAOSの街はTAOSの
歴史的な町並みを残したNEW MEXICANなのと対照的です。

この建物、最初見た時、

「え??部屋のドアは吹きっさらし???」 {{{{(+ω+)}}}}ヒューガタガタガタ


ってちょっとギョッとしたんですけど、もちろん部屋のところは全部強化ガラスでした。
そして、数箇所出入り口があるので、それぞれの部屋から出入りがとってもやりやすい。
特に犬連れは、みんな1階にしてあると思われ、犬を外に出すのにとっても便利なのでした。


e0014447_422760.jpg


↑ワタシたちが今回泊まったタイプ、KING FIREPLACE。
実際ワタシたちが使った部屋とは微妙に配置が違いますが、こんな感じでした。
KING SIZEのベッドがどーんとあって、ちょっとしたSitting Areaとテーブル、暖炉、
トイレ・バス がついていました。 
そして暖炉脇に見える洋服ダンスと整理ダンス。 
スキーに来て、こういうのがあると便利ですよね~~。 
なにしろスキーって荷物が多くなっちゃう。 ウェアだけでもかさばるのに、下に着る服
やらタイツやら厚いソックスやら。 そして普通に着てきた服だって防寒着だからかさ
ばる、かさばる。 もう、かさばりまくり。 
 
かさばりまくって、マクリマクリスティ状態。←意味不明


なので、こういう収納家具がどーんと設置してあるのはとってもありがたかったです。



New Mexicoは、とってもドッグ・フレンドリーでした。
どこのホテルのサービス欄にも

「Pet 可」か「Pet 不可」

か必ずといっていいほど書いてあります。 つまりだめであってもそこの項目があるって
だけで、Petをいかに意識してるかわかりますよね。

ここのAUSTING HAUSもPet可でした。
しかもここの宿、いい意味でとーっても放任主義で、Petについての注意書きやら
責任問題やらなーんも言われません。 とっても普通に犬連れで泊まれました。
フロントにはオーナーさんの犬もいつもいたし。 ふふっ。


e0014447_411318.jpg


ラッキー、生まれてはじめての埋まるような深い雪。
でもさすが犬です。
なんの躊躇もなく、自分と同じ高さの雪をヒョイヒョイジャンプしていきます。



e0014447_4142023.jpg


おお。 進んでる進んでる。
いい写真撮ってくれてたんだなぁ・・・。


え? 撮って・・・ くれてたんだ  なぁ???




はい。  コギコギここで告白します。
この日の写真はぜんぶ夫くん撮影のもの。 で、ワタシは何をしていたかっとゆーと・・・。


高山症で寝ていたとです・・・。(ー公ー )



ああ、やっぱりなってしまったよ。とほほほ。
今回は車で行くので、徐々に標高を上がっていくから体も慣れていくかと思っていたん
ですね。  で、朝起きたときも体は快調。 「いいね、いいねぇ」とホクホクしながら
食堂に朝食に行きました。(B&Bなので朝食付きです)
で、テーブルについたら・・・。 あら・・・。あららら・・・。


だんだん血の気が引いてくる・・・。 ひゅるるる~~~




ワタシはもともとがめまい&吐き気持ちなんで、この「くるぞ!」的な前兆をよーく知って
います。 こうなってしまったら、もうあとは早め早めに薬を飲んで寝るしかない。
(医療関係者の姉いわく「薬を飲むのを我慢するのはムダ。早めに書いてある分量を
飲まないと意味がない」とのこと。これ、何度も正論だーと実感しております)

部屋に戻ってDramaminとタイレノールの黄金コンビを飲み、ベッドに入って爆睡
しました。 その間、夫くんは地元ガイドブックを読んだり、ラッキーを散歩させたりして
すごしてくれていたようです。

e0014447_4332789.jpg



その後3時くらいまで爆睡して、なんとなく大丈夫そうだったから、ゆっくりゆっくり動いて
スキー場のベースまで下見に行きました。(車で3~4分)

うん、なんとか大丈夫そう。



明日こそは、スキーするぞ~~~!

English Version----Click here---
[PR]
by cogicogilucky | 2007-01-08 03:54 | 旅行

TAOS タオス ⑥  到着
e0014447_291891.gif


凍るClines Cornersからちゃんちゃんちゃちゃーら♪ブーリーザード、ブーリザード♪
の曲を頭の中でぐるぐるさせながら285強行突破を試みたコギコギ家。

進み始めると、一台のでっかいアメ車SUVが後ろをついてきました。

君も無謀だねぇ、お兄さん!(仲間がいてちょっと嬉しい。自然と生まれる連帯感デス)

2台分のライトがあれば、この真っ暗な雪道・氷道も難度が数パーセント落ちて気も楽に
なるってもんです。 しかも、この同士・無謀くん。 ちょっとしたら追い越したい雰囲気を
出すもんで、4Runnerの速度をゆるめて脇へちょっと寄って先にいってもらいました。
あらら。 さらにラッキーなワタシたち。 いいの?マジで?

真っ暗な道、先に行く車の方が大変に決まってます。
で、この同士・無謀くんったら、追い越して前についてくれ、さらに別に速度をあげてぶーん
と行っちゃうんじゃなくて、実に安全運転のゆっくりくんでした。


「なんで追い越したんだろ??」


って疑問は残りますが、ワタシたちは楽になってラッキーです。 さんきゅー!

そして285に乗ってから、天候は悪化することなく、雪も降ることなく、ただその雪道を
そろそろと進むだけでした。 しかも途中から雪道の雪道度(?)も楽になってきたりして
あららら、これはいい方向に想像と違っていたね! って笑いも出るほど。
しばらくは同士・無謀くんとともにえっちらほっちら、285を進みました。


前の無謀くんの車は途中何度も 

「うわぁっ、やばいっ!!」 

ってなスリップをしかかりましたが、うちの4Runnerくんはその都度 

「ビヨ~~ン、ビヨーーン!」

という音を立てるのみでぜんぜん平気。  
このビヨーンという音は、4Runnerについてる『スリップ防止機能』が働いている音で、
この機能のおかげでちょっとスリップしかかっても車が自動的に車体を支えておシリを
振ったりするのを食い止めます。  


おおっ!!!さすが我が愛車TOYOTA 4Runner!!ニッポンの技術!!


2駆でもレギュラータイヤでも、これくらいの雪道であれば気をつければイケルんだ。
さすがに普通に走ることはできないけれど、イケルってだけで素晴らしい~。
これで4駆、オールウェザータイヤだったら、どういうことになるんだろう??すげー。



**閑話休題**********

突然ですが、ここでちょっと4Runnerの話をば。
TOYOYA 4Runner、日本ではHilux Surfという名で出ています。(こんな歌あったな)
上の話で出ている『スリップ防止機能』は、調べてみると4Runnerについていうセーフティ
機能の2つにかかっていると思われます。

e0014447_4303167.gif


まず、TOYOTAのSUV車に共通しているセーフティ機能は↑上の5つなんですが、その
内、赤丸をつけた最初の二つが今回とっても活躍したようです。

↓まず、VSC(Vehicle Stability Control)
e0014447_4345822.gif



↓そして、TRAC(Traction Control)
e0014447_4365652.gif



上の機能の説明はアニメーションと音声でこちらで見れます。
スリップしそうなときにたてていた、あのビヨーーン音は上の機能の音だったんですね。
もうね、ビヨーンって鳴るたびに車の中では


e0014447_4571290.gif


合掌・・・



ですよ。 私たちを守ってくれてありがとう~!って。
そしてそして、その上なんともう一つ嬉しい機能を発見。↓


e0014447_565082.gif


あれま! 4Runnerのタイヤはmud & snowタイヤでありましたか!
この時の状況下でのsnowにはちときついのだろうけれど、ダラスでチラつくくらいの雪
であれば想定内だったのか。 まるまるレギュラータイヤってことでもなかったんだ。
腐ってもタイ、街乗り化したとはいえやっぱりSUVなのですね。 やるじゃん!

さらに愛しくなる愛車4Runnerくんでありました。

************************



で、どっこいしょ!と話を戻して。

285は、いったい何時間かかるだろう?っていう想像に反して、なんと2時間弱で走破
できました。 同士・無謀君とは途中ではぐれちゃったけれど、スタッドレス・4駆車が
途中でバンバン追い抜いていってくれちゃって、道も見えたし、けっこうすんなりと
Santa Feまでたどり着けました。

んが!!



Santa Feに入ったらすごい雪です。
もう降ってはいないんだけれど、すんごい積もってる。
で、そのおかげで標識とかがすっごい見づらい・・・。

持ってた実にアバウトな地図では、Santa Feを越えてしばらくはまだ285のままって
感じだったのですけど、インターステート25を越えた辺りで、なんだかまわりが変に
静まり返っているのに違和感を感じました。
で、ちょっと車を止めて明かりをつけて二人で地図を覗き込みます。


あ、そうか、一瞬25に乗るんだよ!
で、また新たに285Northに乗るんだ! そうか。よし、Uターンだ。



って話がついた時、ふっと見ると前から人が歩いてきます
その人は自分の車を脇に置いて、この寒い中、歩きにくそうにこちらへ向かってきます。


な、なんだろう・・・???



夫くんは窓を開け、話しかけました。

夫くん:  「どうしました???」


男性:   「いや、あの・・・。   
       どちらまで行かれるんですか??」


夫くん:  「TAOSです。これから北へ」



男性:   「あ、そうですか! いや、あのもしかしたら迷ってらっしゃるんじゃないかと
       思いまして・・・」


夫くん:  「あ、いや、あの、285を来て、これからまた285に乗るのにちょっと間違っ
       ちゃったみたいで。 25に一瞬のるんですよね、この後ろの。」


男性:  「そうです、そうです。 あ、でも、この前の道が25の側道なんで、戻って25
       に乗らなくても、これを行けば自然にSanta Fe市街地へ出ますよ。
       ボクもこれからそちら方面へ向かうんですよ。
       
       いやぁ、ここら辺って、とっても迷いやすくって有名なんで、困ってらっしゃる
       んじゃないかと思ってたんです。 よかった、よかった。」







い、いい人やぁ~~~~~~~~  
・゜・゚,。(≧Д≦)゚,。。・゜゚





そのころ外は21度Fくらい、摂氏でいえば-6度くらいだったんです。
しかもそこらへんは深い雪で、車もちょっとでも脇に入ればはまって動けなくなるだろう
こと必定みたいな感じだったのに、わざわざ自分の車を止めて、車から降りてこちらへ
やってきてくれるなんて・・・・!!!!




e0014447_5393775.gif


合掌 +涙ぐしゅぐしゅ





そのいい人のおかげさまで、コギコギ家は無事に25側道を通り(すごい雪だった)
もう一度285(85と併用)に乗り、NM州道68へ。 
真っ暗な中、一体このまわりってどういうところなんだろう??と考えながら夜の10時
すぎにTAOSの街へ入りました。


e0014447_67140.gif


TAOSへ入ると、自然とPaseo Del Pueblo(ハイウェイ64)に乗ります。
この日、出発してからまだ、家から持ってきてたしゃけおにぎりとお菓子しか食べていな
かったので、TAOSに入ってすぐに目に入ったDOMINO'S PIZZAの看板に吸い寄せられ
テイクアウトで購入。

ほかほかピザをヒザにかかえ(あれ?ちょっとシャレってる?)、Paseo Del Pueblo
のTaos市街地から州道150で山を登っていきます。 
凍った山道、またもやビヨーン、ビヨーンでがんばる4Runner。
150を道なりにゆっくりそろそろ上って40分ほどして・・・・。



到 着 で っ す !!!



あああ、やっとです。
やっと到着しました。 到着時刻11時すぎ。 
マウンテンタイムで1時間戻しているからちょっとズルですけど、なんとかその日のうちに
到着することができました。 
長いこと書いてきたけれど、ここまで1日の話です。(ひっぱりすぎ?)


さぁ、今日はピザを食べてゆっくり寝て、明日からはスキーだぁ~~!!


の、ハズ・・・。        

English Version----Click here---
[PR]
by cogicogilucky | 2007-01-06 02:32 | 旅行

TAOS タオス ⑤  ピンチ!!
e0014447_5421561.gif


Amarilloを越えてから、冬将軍の猛威にさらされた(いや、地元の人にとったらそれほど
でもないかもしれない・・・)コギコギ家。
Clines Cornersで、進路の選択を迫られました。


2駆でレギュラータイヤの愛車4Runnerくんで、どこまで行けるんだろうか。


Clines CornersからSanta Feへ突っ切る道 US285。
道路はかっちかちに凍っていて、雪と氷で白いカーペット状態。センターラインなんて、
脇のラインなんてなんにも見えません。 わずかに見えるのは、これまで数台そこを
通ってできたかすかなわだちのみ。
そしてほとんど暮れてしまった太陽。 さらにインターステートでない285には街頭なんて
ありません。 これから先もないっていうのは目に見えてる。
第一この285はどういう道なのかも、はじめてのワタシたちには検討がつきません。
もしここから先、さらに天候が最悪で、285がさらにひどい状態だったら・・・。

安全にインターステート40を行ってアルバカーキでとどまるか?
でもこの天候では40でさえもすごく時間がかかりそう。 これから2時間くらい?
それは安全っていえるのか?




「行こう・・・・! 285を!」






夫くんが決心してぽつりとつぶやきました。

それでワタシも大決心。  よし!!行こう! ガソリンは満タンだし、いざとなったら
道の脇でエンジン動かしたまま夜明かしもできる!

ここで、ワタシの頭の中のイメージはもう



e0014447_5545198.gif



↑ですよ!!!  んで、今は車なので





e0014447_662928.gif



↑こうでしょう!!! いやぁ、うちの車はセリカじゃないけどね、4Runnerでも両ドア
空けて

「凍ってるね・・・!」

ってやっちゃうでしょう!!
(実際は余裕なくてやれなかったけどね。車高高いからやれないし)


e0014447_5554184.gif


さぁ、みなさん、ブラウザもう一個立ち上げて、ここをクリックよ!! この曲聴いていっしょに雪国ワールドへ~!


さぁ、コギコギ一家も、サロット一式届けに285を田山さんのところまで行くわよぉ~~

チャンチャンチャーラ♪ チャンチャンチャ、チャーラ♪♪

e0014447_6105725.jpg


↑目の前にはこんな道~~~~!!! ひえ~~~!!!





e0014447_6181435.jpg


English Version----Click here---
[PR]
by cogicogilucky | 2007-01-05 05:59 | 旅行

TAOS タオス ④
さて、今までず~~っと通ってきたUSハイウェイ287
e0014447_2221561.jpg


ぼんやりとしたルート図ですけど、↑上のようにこの287はTexasの南西、ルイジアナ州
との州境ギリにある町Port Arthurというところから、ず~~~っとオクラホマ、コロラド、
ワイオミングを通って、最後はモンタナ州のChoteauという町まで続いています。
全長1791マイル(2866km)。
ワタシ達が今回通ったのは上の図のオレンジ色の部分だけです。

なんとワイオミングではイエローストーン国立公園の中をぐるっとまわる道路に姿を変えて
いたりします。 ということはワタシたちもそれを使っていたんだなぁ。知らなかった。
IPPEIさんは実際イエローストーンで気づいたらしいです。すごい!
USハイウェイについてはスワンの夢さんのサイトがすっごい詳しくてわかりやすいです。
興味のある方はどうぞ飛んでくださいまし。

e0014447_2291872.jpg


さてさて、いよいよワタシ達の車もUS287に別れを告げ、Amarilloにてインターステート
ハイウェイ40
に乗りました。 
e0014447_2421093.jpg287のようなUSハイウェイは、ところどころ小さな町の中を突っ切ったりする
んですけど(そういうときの制限速度は35マイルまで下がったりします)
インターステートはいわゆるフリーウェイ。 ずっと70マイル以上で
ぶっとばすことができる道です。


でね、今ワタシたちが走ってる地域なんですけど

e0014447_2473525.jpg


↑このテキサスの頭の尖がったような部分、Texas Panhandleと呼ばれる地域です。
肥沃な土地で、農業や酪農が盛んですが、夏暑く、冬寒い場所でもあります。
コロラドやニューメキシコが寒波で大変なとき、大体においてテキサスでありながらも
この地域は同じような気候を経験する地域。

で・・・




e0014447_5532973.jpg


雪キタ━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━ !!!!



このころって、顔文字みたいに雪に対してわくわく気味な気持ちだったんですね。
んでも・・・



e0014447_60260.jpg


こうなってきて・・・



e0014447_625424.jpg


こうなってくると・・・

さすがにこれはマジュイかも・・・???( ̄‥ ̄;)  と思い始めました。
外の温度はどんどん下がり、雪雲のせいで日がかげる時間もずいぶん早くなって
しまいました。 ニューメキシコの州境はタイムゾーンの境でもあるので、テキサス
より1時間早まってるっていうのに・・・。


実はこのとき、すでに一山越えたところで、反対車線の渋滞は山の上のほうでスリップして
事故が多発してた余波によるものです。 山では吹雪いていたのです。
Panhandle地域から標高は上がり始め、NMでは山の中になったりします。


e0014447_612469.jpg


e0014447_6142691.jpg

それで、インターステート40から分岐したUSハイウェイ285に乗るところ、
Clines Cornersまでなんとかやって来たんですけど、そこはもう・・・



e0014447_6155588.jpg


こんな状態・・・。∑('□'*アチャーーー!! 


んで、進むべき方向を見ると・・・



e0014447_6211471.jpg


こんな状態・・・・・・。∑('□'*('□'*('□'*('□'*)ガビーン!!
もう道がどこだか、わからない状態になっています。

実はこの日、Texas Panhandle地域、ニューメキシコ北東部、コロラドはには寒冷前線
がやってきていて、嵐ですと言われていたのでした。

コギコギ家に迫られる選択しは2つ

1) このままインターステート40でアルバカーキへ向かい一泊する。
   インターステートは大きな道なのでまだ道は見える。
   でもABQに行くにもここから2時間はかかりそう。


2) この道なき道285を強行突破する。
   突破した先はSanta Fe。 
   遭難しなかったとして、3時間くらいか。


ちなみにコギコギ家のSUVはレギュラータイヤに2駆という雪道最弱条件を見事に
満たしております。 でもチェーンなんてテキサスにもこのClines Cornersにも
売っていなーい。(たぶん道交法で道を傷めるから禁止なのだと思われ)


さあ!!!



e0014447_6314539.jpg

   

English Version----Click here---
[PR]
by cogicogilucky | 2007-01-04 02:42 | 旅行

**閑話休題**
のんびりとTAOS旅行記をアップしている最中ですが、ちょっと一休み。

ってまだAmarilloにも到着してないのに、もう一休みかい??ヾ(・・;)ォィォィ
って突っ込み大歓迎っすよ。 おほほ。

とりあえず、みなさま



e0014447_4232984.gife0014447_4282380.gife0014447_4251182.gif

新年明けましておめでとうございます~


今年もコギコギののんびりブログはっぱハッパHAPPAをよろしくお願い
いたします。(._.)ペコリ





で、閑話休題はここからです。

大晦日は親しいお友達とうちでしっぽり楽しんだコギコギ家。
一夜明けて、お雑煮の準備をしていたら、なんだか玄関に影が・・・

e0014447_4565611.jpg



さらに拡大しますよ


e0014447_4571530.jpg



あっ!!!パト猫さんだっ!!!


レオちゃんがなんで反応していないのか、きょろきょろすると、レオちゃんは裏庭で午後の
散歩中。 急いでレオちゃんを呼んで玄関へうながしました。

「レオちゃん、パト猫さんが、新年のあいさつにいらしたよ!!!」



e0014447_4404673.jpg


でも、レオちゃん気づかず・・・。 (゚∀゚)アラ??

それで夫くんがレオちゃんをさらに玄関近くへ移動させると・・・





e0014447_4574590.jpg




フギュアーーーー!!!ンニャ~~~~!!!!
しゅたたたたたたた~~~~!!!!!



とガラスをはさんでパト猫さんとレオちゃんが猫パンチ炸裂~~~!!!




↓決定的瞬間は逃したのですけど、ちょっとだけその場の様子を撮った動画です。
夫くんの大笑い声と、ワタシの声がはいっちゃってマス。ハズカシー。
通常細いレオちゃんのしっぽがふくらんでいます。






パト猫さんったら、わざとらしくうちの玄関先でごろごろと体をうねらせて、レオちゃんを
挑発しておりました。 
時々ガラス越しに、こういう関係を繰り広げるパト猫さんとレオ。
トムジェリのように

「なっかよっく、けんかしなっ♪」

な仲良しのような気がします。


だって元旦にちゃんとあいさつに来てくれるなんて、いまどきそんな礼儀がきちんとした
ヒトもいないぞよ。

English Version----Click here---
[PR]
by cogicogilucky | 2007-01-03 04:51 | 日常

またしても
e0014447_13385295.jpg


またしても鳥が家の中にいましたよ・・・(。´Д⊂)

ご飯を作っているときに、ラッキーとレオが向こうの方でふたりで遊んでいました。
でもなんだか聞きなれない音が聞こえてきます。

ぼさっ・・・
ぶさっ・・・


(?´・ω・`) ンン??
スーパーの袋でも落ちてたのかしらん?それで遊んでる??


キケンなものがある恐れはまったくなかったので(そこはなんにもない部屋だから・・・。
これも泣けるぜ。私的には。)放っておこうかとも思ったのですが、なんとなーーく
いやな~~な予感がして、イワシを手に持ったままその部屋へ覗きに行くと・・・






e0014447_1371476.gif


ラッキーが、鳥をイン・ザ・マウス!!!Σ( ̄□ ̄;)!!

画像はありません。手にはイワシを持っていたんで。デジカメ機能のないイワシだったんで。



とっ、鳥っっっ!!
なんでっ???  
ワタシの頭の中はぐるんぐるんでした。 
先日の鳥乱入事件の時は、鳥がぶわさぶわさぶわさ!!!とワタシの背後を通って
派手に家の中に入ってきたので、一目瞭然だったのですが、今回はその鳥がいつ、どう
やって家の中に入ってきたのか、まったくもってわからない・・・。
裏のドアを開け放していたのは朝方だけだし。 まさか朝から入っていて、静かに身を
潜ませていたのか?? 
もしくはラッキーかレオが庭から咥えてきたのか??

いろんな考えが一瞬のうちの頭の中をかけめぐりましたが、はっと我に帰って、


そうだ、とりあえず鳥を救出しなくっちゃ!!


と気づき、「ラッキー!!NO!!! OFF!!」とイワシを手にコマンドを出すと、ラッキーは
とりあえず口から鳥を放しました。 
「ラッキー、NOよ、NOだからね!!」
といいながらキッチンに戻り、イワシを置いて、手を洗って、また現場へ急行。

e0014447_13171574.jpg


ラッキーとレオに囲まれ、鳥さんピーンチ!!
この時点では、ワタシはレオの方が鳥さんにとって脅威かな???と思いました。
猫は、狩りの本能ですばやく鳥をヤッテしまうということは聞いていたので。 
『動物のお医者さん』のミケはそうだったな。(ソースが薄い?)


でもレオはただ興味津々に鳥を見つめるだけで、終いには

e0014447_13214361.jpg


鳥さんを前に毛づくろいを始めてしまい、レオはまったく鳥になにもしないんだとわかり
ました。 箱入りレオちゃん、猫としての本能が薄いかも。



e0014447_13225764.jpg


鳥さんの体には痛々しくも2箇所の傷がついていました。
上のように、レオがやったとは思えません。 それにレオにはちょっとこの獲物はでかすぎ。
この2箇所の傷は、言わずもがな、ラッキーの犬歯のあとです。(ノ_・。)


ラッキーがまた鳥を傷つけてしまった・・・。


動物なんだから、犬なんだからしょうがないと思いながらも、自分の子供みたいなラッキー
が他の何かを傷つけたということは、とてもとてもショックでした。
(追記)また、というのは、ラッキーがちびのときに、庭で巣から落ちてきたひな鳥を
    ラッキーが傷つけたことがあったのです。


e0014447_13285077.jpg


とりあえず鳥を安全な場所に移して、これからのことを考えようと、箱に入れました。

病院ももう閉まっている時間だし、とりあえずご飯作りを続行しながらいろいろ考えました。
それで


傷は深そうじゃない、表面的なものっぽいから、化膿止めを塗って、
エサを与えて様子を見てみようか・・・



という結論に達し、とりあえず水をあげようと箱をあけました。
水を入れた容器を入れようとした瞬間、


ぶゎさぶゎさぶゎさぶゎさ!!!!


とすごい羽音をあてて鳥は箱から飛び出て、箱の置いてある棚から床へ着地。
さらに元気よく、飛びながら逃げ回ります。



これは、このまま外に出しても大丈夫かもー・・・



と思い、そのまま鳥を外へうながしました。
鳥は何事もなかったかのように茂みの中へ入っていきました。
ああ、よかった・・・。 

強く生きてくれよ~、鳥~。


それにしても、もう鳥さんイン・ザ・ハウスはカンベンです・・・。

English Version----Click here---
[PR]
by cogicogilucky | 2006-09-11 13:58 | ラキレオ


テキサス州ダラスでコーギー犬ラッキーと暮らしています。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログパーツ
ライフログ
最新のトラックバック
YouTube ドラマ ..
from 東京DOGS 最新情報
のりピーこと酒井法子 バ..
from のりピーこと酒井法子 バキバ..
E vs. M
from だらだらダラス
カテゴリ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧