happahappa.exblog.jp

English pages are on the 2nd page of each article. Please click "English Version---click here---" below Japanese articles to go to English pages. Thanks!

コメント大歓迎です!大切な宝物です。でもここんところの時間的な事情で、返信はできない無精者をどうぞお許しください・・・。

タグ:旅行 ( 9 ) タグの人気記事

TAOS タオス ⑮ ダラスへ
e0014447_15453589.jpg サンタフェで泊まった宿はComfort Inn。 ペットOK、温水プール付き、朝食付きでお値段も高くなくて、そしてフリーウェイに近くて便利でした。サンタフェ散策には町まで遠いのでちょっと不便かな? でもスキーサンタフェへの送迎バスはここにも来てたようでした。
We stayed at Comfort Inn in Santa Fe. They are pet-allowed. They have good sized heated pool and serve breakfast, and reasonable price setting. It is near Interstate25 and convenient for us, but a little far from the town. Still, ski shuttle were coming to pick people at this hotel.


e0014447_15503860.jpgホテルを出て、インターステート25にちょっとだけ乗ります。で、そのとき気づいたんだけれど、ここのホテル、なんとサンタフェ・アウトレットの裏だった!! なんと! 実は数年前に友達と来た時にサンタフェの町に行く前に寄っていたのでした。 こういう位置関係だったのかぁ。ここのアウトレットはコーチがあるのだったんだよなぁ・・・。見逃した~。
The hotel was very near the Santa Fe outlet! I just noticed when we left there!


e0014447_15525327.jpgさて、来るときに真っ暗で何も見えなかった道ハイウェイ285。 一体どんなところだったんだろう?ってとても楽しみでした。 285はNM内も、それからコロラド内でも風光明媚で人気らしいです。さすがに本当に気持ちのいい景色でした。 なんだかひろーい心になれそうな。 写真にはNMっぽい山、メサ(高原台地)が写っています。

e0014447_15571224.jpgひろいひろいひろーい。 来るときはこういう中を走っていたんだなぁ。 太陽の光ってすごい。太陽の光がないと、こんなすごいところもただの真っ暗な闇でしかないんですね。
We were looking forward to see the scenery along 285 because it was so dark when we used this road on the way to Santa Fe. Many people say the scenery is great, and we really agree with it. It was so nice. And also the light of sun is great. Without sun, the scenery was just plain black.


e0014447_1605730.jpg285がインターステート40と合流するClines Cornersに近づいてきました。 行きではその場所で果たして私たちのとる道はどうすべきか・・・を悩んだのでした。それくらいすごい雪と氷だった場所。大体この場所はよそより雪深いのかもしれません。帰りもこのまわりに来ると雪がだいぶありました。

e0014447_1625633.jpgあー、行きとぜんぜん違うー。いい天気ー。 せっかくだからお土産を買いに入りましたよ。
Clines Corners was the point we had trouble 5 days ago. But now, it was so different from that time. We entered the store to get some souvenir.


e0014447_1634692.jpge0014447_164616.jpg

↑40との合流サインのところを、今(左)と行き(右)のときとで比較してみました。
The left is now. The right is 5 days ago.

e0014447_1652631.jpgさぁ、40に乗ってテキサスへ向かいます。 
We are now on 40. Now we are going to Texas!


e0014447_167692.jpge0014447_1672589.jpg

テキサスへようこそ!サイン。 帰ってきましたよ。


e0014447_1684073.jpgアマリロといえば、イメージは「サウスウエスト航空」。 やっぱりたくさん飛んでいました。夫くんが車から激写に成功!
アマリロにてランチ休憩をしたのですけど、ここでも夫くんの「飛び込みレストラン運」は強かった~。 40沿いの中華バフェChina Starというところに入ったんです。クリスマスだからきっとどこもやってないだろう、中華だったらやってるだろう・・・くらいな感じで。そしたらなんとここ、すごーくおいしかった!中華バフェでおいしいなんてはじめてかも~。

e0014447_16103690.jpgラッキーもすっかりぐっすり。 いびきをかきながら寝ています。
Because the name of Amarillo reminded us Southwest Airlines, Mr.husband tried to take a photo of it and he did it! They have a lot of flights there. We had lunch at Amarillo at Chinese buffet, and it was really good. Because it was Christmas day, we were afraid no other places were open than Chinese. Also this time, Mr.husband had really good sense to pick a restaurant!


e0014447_16131850.jpg行きに「ぼた山」を見つけて騒いでいたあたりで、石炭を積んだ電車と並走してまた一騒ぎ。写真に撮れてもう一騒ぎ。 
We drove along the train with coal.


e0014447_16144032.jpgテキサス・パンハンドル地域の夕焼け。 このあたり、雄大でとても素敵。 でもそろそろうちのデジカメでは写真は厳しくなってきました。 これからひたすらダラスに向けて運転していきます。車の中ではお姉ちゃんに録音してもらっていたナイナイのオールナイトニッポンが流れていて、大笑い。景色が見えなくなったり、眠気が出てきたときにはナイナイさんに大いにお世話になりました。
Sun setting at Texas Panhandle. It was beautiful.


e0014447_16171994.jpg


愛車4Runnerくん。本当にお疲れ様でした。 今回の旅行でさらにキミを愛しく、ありがたくおもったよ。これからもよろしくね。

Thank you, our lovable car 4Runner. You helped us a lot to have wonderful and safe trip. We love you!

e0014447_1618368.jpg


長い長いTAOS旅行記。
みなさまお疲れ様でした! ああ、楽しかったなぁ~。 

I wrote about this trip so long! Thank you for reading these articles.
It was really fun trip. I could discover a lot of things, and there are
a lot more I would like to know about these area.
I hope I can go back there soon.
[PR]
by cogicogilucky | 2007-01-24 16:20 | 旅行

TAOS タオス ⑬ サンタフェ散策
e0014447_936863.jpg


サンタフェへ到着、ダウンタウンを散策しました。
以前、お友達と一緒に来たサンタフェ。そのときは夏だったのだけれど、冬はまた趣きが
違って、これまたいい感じです。 ただ、夏には営業してる超有名レストランCoyote
Cafeの安価版ルーフトップカフェLa Cantinaが冬はないのが残念・・・。当然といえば当然ですよね。この時期ここで
ルーフトップって・・・。 凍るな・・・。 でもワタシ達値段でとーってもおいしかったんですよ。本物Coyote Cafeには恐れ多くてはいれませーん。


e0014447_941960.jpg


さすがドッグフレンドリーNM。 
すれ違う人が

"Oh, Sweet little Corgi~~"
"Corgi! Hey, little one!"


などなど、コーギーというブリード名を連発! ダラスコーギー振興会(?)として毎日
家のまわりでコーギー教布教(??)につとめているものとしては嬉しいかぎりです。
でも、上の言葉を言われるたびに、どうしてもひっかかった部分があるとです・・・。
それは


"little"


という言葉・・・。 正しいコーギー教を布教するためには、ラッキーが標準サイズでは
ないこと、ましてや決して"little"ではない・・ということを伝えたい気持ちが沸々とわいて
くるのですが、この人ごみなので、とりあえず言葉をごっくんごっくん飲み込んで
にこやかに微笑みながらフレンドリーな方々の横を通り過ぎました。

ラッキーのサイズについて言及することに慣れすぎてしまっている自分に気づいた
冬の日でした。


e0014447_9513526.jpg


なんと!!この極寒の日にも、やっていました!!!
サンタフェ名物、路上のアクセサリー売り屋さん!!!
う~れ~し~~いぃ~~~

夏に友達と来た時に、一体ワタシ達どれだけの時間をここでうろうろしたことか。
サンタフェといえばターコイズ。 ここの路上のお店はそれぞれ居留地に住むインディアン
の手作り品を売っていて、買うとその作った人の名刺を入れてくれます。

以前は、小さな小さなターコイズのピアスと、お友達とおそろいのクロスのネックレスを
買ったのですが、どちらもそれ以来ワタシのために大活躍してくれています。
今回もこぶりなピアスが欲しかったので、このお店が冬でもやってるのに大興奮でした。
あとでラッキーを車に乗っけて、また戻ってきますよ。


e0014447_9565227.jpg


再びドッグフレンドリーに感謝。
小さな本屋さんの店頭においてあったわんこ用お水のみ場。
ワタシ達は気づかなかったのに、ラッキーが止まって遠慮なくいただいていました。



e0014447_9583086.jpg


さて、ラッキーには一度車にお戻りいただいて、私たちはランチ&買い物です。
まずはランチ。 
夫くんはいつも飛び込みで入る店を決めるのがとても上手ではずれたことがないの
だけれど、今回もまたまた大当たり! 
車を止めたところに程近い、町のはずれにあるフレンチ・カフェでした。


e0014447_1001427.jpg


オニオン・グラタン・スープ。
おーいーしーそー! 
本当に”グラタン”になってるところに感動しました。普通パンの上にチーズのっけて
出るっていうのが相場だもの。


e0014447_1005941.jpg


ほうれん草のキッシュ。 付け合せはロースとポテトとサラダ。
これね、帰ってきてからまねして作りました。(ワタシのクッキングサイトに先日アップ)
ここのキッシュ、今まで食べたことのない味ですっごいおいしかったです。
クリーミーで、塩加減もばっちり。
ただちょっとべっこかったので、この量で限界っすね。


e0014447_1031134.jpg


お店のまわりは町のはずれなので静かなのだけれど、店内は混んでいて大騒ぎ。
ホリデーだったので、1グループが多いってのも混む要因だったかな?
おうちが近くならば、ここのバゲットを買って帰ったのに。
出てきたパンもすごくおいしかったのです。

こういうお店に入ると二人の心は数年前のニースに飛びます。
ああ、また行きたいねぇ・・・。
旅行しながら別の場所に行きたい話をするなんてなんて贅沢。 欲深い自分たちを
ホリデーに反省するのでありました。


e0014447_1045568.jpg


お店から出たら、さすがアーティストの町、サンタフェ。
なにやら大きなオブジェが運ばれていましたよ。


e0014447_1065232.jpg


かわいい!
これは運び出されていたのか、運び込まれていたのか?
鉄筋でモダンなオブジェだけれど、この歴史的な街にもとても似合っていて、不思議。


e0014447_10112649.jpg


車を止めていたところの前のアパートの写真をとっていたら、あら?なにか変??
と思って近づいてみたら


e0014447_109221.jpg


じゃーーん。
なんと流れていたらしき水がそのまま凍っている~~。



e0014447_1012290.jpg


す、すげすぎ・・・。
おもしろすぎ・・・。

こういうの大好きです、ワタシ。


さて、お土産も買ったし、そろそろここを出ないと予約の時間に間に合わないぞ。
ということで、これからちょっくらその”予約した何か”に向かうワタシたちでした。

English Version----Click here---
[PR]
by cogicogilucky | 2007-01-20 10:14 | 旅行

TAOS タオス ⑫ TAOS出発
e0014447_6245644.jpg


B&Bを出て、車を走らせ始めます。
スキー場やB&Bのあるあたりは山の中。 しばらくは雪をかぶった山の中を走ります。
こちらについてから連日いいお天気だったので、道路の雪も氷もすっかり溶け、来る時
にあれだけ大変な思いをしてここを上ってきたのがうそのようです。



e0014447_627068.jpg


今になって、泊まっていたところのまわりはこんな風だったのかぁと知るワタシたち。
まわりの山は崖なんかがあって、岩でごつごつしています。


e0014447_6284878.jpg


↑こんな、孤高にそびえ立つ、切り立った岩なんかもあったり。
カッコイイ~。 ”大ツノのだんな”が出てきそう。

道路沿いで見えた範囲だけでも、たくさんのトレイル入り口があったので、夏にきて
ハイキングをしたらきっと気持ちいいだろうなぁ。 夏にもぜひ来たいなぁ。
お隣の州で、車でいける範囲内で、こんな素敵なところがあったなんて知ることができて
本当に嬉しいです。しかも夏は宿代がすっごい安くなるんだな。


e0014447_6323681.jpg


↑一通り”山の中”抜けたら、その山のまわりの山も見えてきました。
なんだか懐かしいような形の山。 日本の山みたい。
日本で育ってる間に、山がない状況なんてなかったから、こういう山の姿を見ると妙に
ほっとします。 テキサスの今住んでるあたりには山がありません。
以前友達が遊びに来た時、

「山がないから、方向感覚がつかめない・・・」

と言っていました。 そういわれればそうかも。


e0014447_636287.jpg


↑山の中から出ると、一気に視界が広がって、どーーんと広がるまっ平らな景色。



e0014447_6374978.jpg


↑150をTAOSの町方面へ降りてくる途中にある小さな町、Arroyo Seco。
宿からは凍結してない道路で約15分くらいでしょうか。 この町は小さなお土産やさん
や小さなレストランなどもあり、スキーバレーに宿泊してるお客さんも食事や買い物に
降りてくるところのようでした。 



e0014447_644431.jpg


↑ARROYO SECOをすぎるとまたどーんと広がる大地。
このまわりは牧場のようでした。 あと貸し別荘とか。
向こうに見える山脈が、薄墨で書いたようで幻想的できれい。


e0014447_6461122.jpg


↑いよいよスキーバレーから降りてきた道NM150が終わり、Paseo Del Puebloに
出ると、人がぱらぱら歩いているのが見えます。そろそろTAOSの町の中心地です。



e0014447_6573757.jpg


↑このあたりがTAOSの町。 写真ではうまく撮れなかったけれど、建物がみんな
アドビ様式で建てられていて、アメリカではない雰囲気。 ガイドブックで見ると、奇跡の砂
がおかれている美しい教会があったり、Puebloインディアンが今も生活している居住地域
TAOS PUEBLOがあったりするみたい。 TAOS PUEBLOは世界遺産らしい
です。 今度来た時にはぜひ行かなくっちゃ。



e0014447_72829.jpg


↑TAOSを過ぎてSANTA FEへ向かう道NM68は、これまた景色がすばらしかった
です。 行きも通ったのに、真っ暗だったのでこんなんだとはぜんぜん知らなかった。
今、明るいときに通れてよかった~ってしみじみ思いました。

山の中を通ったり、渓流のそばを通ったり。
そして、写真ではどうしても撮りづらかったのだかれど、キャニオンとかもあったり。



e0014447_763440.jpg


↑夏には渓流くだりでもあるらしいし、キャニオンへのツアーもあるらしい。

「なんだ、遠いナショナルパークへ行かなくても、NMにはこんなになんでもあるんだ!」

って、夏に向けてまたわくわくしています。
なんといってもドッグフレンドリーだから、その点もポイント高いです。
TAOSの宿では、お客が留守中に犬のお散歩もしてくれるってところもあったくらい。



e0014447_79018.jpg


↑風光明媚な68が終わって、大きなハイウェイに乗ったら、あっという間にサンタフェ
オペラを過ぎ、サンタフェの町へ到着しました。 車を止めて、ラッキーを降ろし、
さぁ、サンタフェの町を散策です。

English Version----Click here---
[PR]
by cogicogilucky | 2007-01-19 07:29 | 旅行

TAOS タオス ⑪ TAOSの夜
e0014447_4335679.jpg


パッパーパー、パ、パパー ぱらぱらぱら、ぱらら・・・

「おじいさん! 山が、山が燃えているわっ・・・・っ!!!!」





スキー最終日は、リフトが動かなくなるまで滑ったので、帰りには夕焼けで赤く染まった
山を見ることができました。 
こういう光景を見たら、やっぱり叫ぶでしょう!


おじいさーーんっ・・・・!!
ペーターぁぁぁぁ・・・・!!!



え? 先日の予告と記事内容が違う・・?
はて、なんのことじゃったかのう。 そんな予告やったかのう。 (こっそり変更・・・)


e0014447_4384822.jpg


↑写真左手が今回お世話になったスキーレンタルショップ。 宿にクーポンが置いてあった
ので、3ドルオフとそこにスキーあとにスキーを預けるサービスもついていました。
毎朝ここの寄ってスキーを受け取り、毎夕ここに寄ってスキーを預けて帰っていました。

ここのスタッフ、いやぁ、まぁ、もう、それはものすごい

きびきびパンダ ( ΘェΘ)

なんです。 一日の彼らのお仕事が見事にシステム化されてて流れるようにたくさんの
お客さんをさばいていました。 とてもフレンドリーに。
毎朝毎朝ここに寄って、そういう彼らの姿にとても気持ちよくさせていただきました。


で、写真右手はTIM'S STRAY DOG CANTINAというレストラン&バー。
ここは便利なので夕食で2晩お世話になりました。 名前がSTRAY DOGなだけに、
トイレの表示が消火栓だったのに、ウケました。
NMはごはんがおいしい。ここもおいしかったです。

e0014447_446776.jpg


↑ここはベースから歩いて5~6分の、スキーシャトルバスが循環してる宿エリアに
あるピザ・パスタのお店。 掘っ立て小屋な感じだけれど、中に入るとまた

「おじいさ~~ん」

って叫びたくなるような素朴な山小屋風で、いい感じでした。

e0014447_448933.jpg


↑写真が暗い~。
これはグリーンチリ・シチューです。 夫くんが

「今まで食べたスープ類の中で一番好きだ!」

と豪語するくらいお気に入りになったもの。
NM料理によく使われるグリーンチリを使って作られていて、肉団子はおそらく鶏肉。
あとはじゃがいもとにんじん、玉ねぎって感じでいたってシンプルだったので家で
何度かチャンレジするも、夫くんに


「・・・・まだまだ・・・・っ」 (-`ω´-)


となかなか有効評をもらえず今にいたっています。
ワタシのチャレンジは続く・・・。


e0014447_452268.jpg


お部屋には薪のだんろが設置してあったので、毎晩夫くんが火をおこしました。
お部屋はだんろをつけなくても十分ぽかぽかだったのだけれど、薪のだんろのあの音が
とてもいいんですよねぇ。 ぱちぱち・・・ぱちぱち・・・・
そして元ボーイスカウトの夫くんは火をおこすというのに美学があるらしくって、火をおこす
時は真剣です。

ワタシはそのぱちぱち・・・の音を聞きながら編み物したり、持っていた本を読んだり、
ラッキーをなでたり。 すごくリラックスできました。


e0014447_455118.jpg


↑ここが毎朝朝食をいただいた食堂。
向こうの窓際にバフェ形式の朝食がおいてあります。 オレンジジュース、クランベリー
ジュースなどのジュース類、ペストリー、パン、マフィン、甘いケーキ系、ワッフル(自分で
焼く)、フルーツ、シリアル、ソーセージ、ベーコン・・・。
高山症が出ないようにとにかく水分中心にいっぱいとりました。

食堂にはここのB&Bを建設してるときの写真が飾られていました。
もしかしてご自分たちで建てられたのかしら??


e0014447_4584337.jpg


↑最後の日の朝も、しっかり朝食をいただきました。
いいお天気。


さぁ、いよいよこのスキーバレーともお別れ。
いよいよサンタフェに向けて出発します。(今度こそ)

English Version----Click here---
[PR]
by cogicogilucky | 2007-01-17 04:59 | 旅行

TAOS タオス ⑩ ラッキー雪と戯れるその2
e0014447_1461541.jpg


さぁ、雪遊びの続きです。
パウダースノーだったので、ラッキーはどんなに深いところでもずんずん行きます。
その様子が、


家に持ってるコーギーカレンダーのモデル犬のように格好いいじゃん!



って親ばかも炸裂しております。


e0014447_14124799.jpg


↑雪をかけられるラッキー


e0014447_14132065.jpg


↑さらにかけられ、まるで雪おばけ





↑そして、その雪をかけられてるラッキーの動画



e0014447_14141821.jpg


↑全力疾走




e0014447_14145273.jpg


e0014447_14151258.jpg


e0014447_14152883.jpg


↑あれ?止まった。 疲れた?


e0014447_14155647.jpg


↑休憩ですか?ラッキーさん?





e0014447_14161886.jpg



おおっと!!
休憩しながら水分補給だ~~~っ!

また新たな技を開発するのに余念のない、勉強家ラッキーさん。(そうか?)





↑「COME!」のコマンドをちょっと誤解しているラッキー。(^^;)
どうして行き過ぎちゃうの?? でもそのおかげでいい運動になってますね。
で、運動のあとはやっぱり水分補給です。



e0014447_14172524.jpg


↑ちょっとヒロシ風


e0014447_14174929.jpg


↑今回の旅行で雪がおいしいって知ったラッキーさんでした。


さて、次回はTAOSを離れてSANTA FEへ向・・・・

                         かう前のことを書きます。(←若干訂正)

English Version----Click here---
[PR]
by cogicogilucky | 2007-01-15 14:29 | 旅行

TAOS タオス ⑨ ラッキー雪と戯れるその1
e0014447_7175968.jpg



アメリカのスキー場ってワタシ達みたいな性格のものにはよくできていて、リフトが遅く
ても3時半には終わっちゃうんです。 

「できるなら、やれるだけやります、たまのスキー」

って一句詠んじゃうようなワタシ達。 動いてるなら乗っちゃうんですよ、リフト。
とことんやっちゃうんですよ、スキー。

だけど、終わっちゃうなら、もう仕方がない。
ってことで切り上げることができます。 ありがたい、ありがたい。
終わり時を強制的に告げてくれる、このアメリカのリフト終了時間にはお世話になってます。


↑で、ゲレンデから帰ってきたら、暗くなる前に即!ラッキーのお散歩です。
留守中、クレートの中で爆睡してたラッキー、最初はちょっと動きがニブイんですが



e0014447_7225931.jpg


↑すぐに復活~! やる気マンマン!



e0014447_7233963.jpg


↑雪のにおい



e0014447_724959.jpg


↑雪の音。 
いろんなものがいつもと違うね。



e0014447_7244272.jpg


↑浅いところ、深いところ、どんどん行きます





↑雪の中を行くラッキーの動画です。


e0014447_14582228.jpg


↑童女(?)とラッキー


e0014447_14584119.jpg



写真いっぱい撮って、どれを乗っけるか迷うのが時間かかるということに気づいたので
次回もまた同じネタで写真のっけさえてくださいましー。

English Version----Click here---
[PR]
by cogicogilucky | 2007-01-12 07:25 | 旅行

TAOS タオス ⑧  スキー天国
e0014447_4293720.jpg


チャンチャチャチャラン♪ チャンチャチャチャチャ♪
チャンチャチャチャランラン♪

ゲレンデのカフェテラスで♪ すべるあなたに釘付け~♪



てな感じで、前々日の雪との格闘、前日の高山症を乗り越え、やっと、やっと

スキー天国 


でっす~。

そうなのだ、このために来たのだよ、ワタシたちは!


e0014447_437312.jpg


↑TAOSスキー場のベース。入り口。
こじんまりしてていいですね。 落ち着きます。



e0014447_438911.jpg


↑チケットを買っております。
TAOSはコロラドとかのでっかいスキー場と違ってゴンドラとかないので、リフト券は安い
方です。 しかも全面滑走ではなくて動いていないリフトもいっぱいあるので、さらに安
かったです。

アメリカのスキー場って、日本のスキー場に比べてリフト券高いのに驚いたのは数年前。
やっぱりでっかいからかしら?


e0014447_441060.jpg


↑ブーツは自前のを持っていったんですが(スミソニアン級の古いつきあいの)、
板は借りました。 今回お世話になった2本の板たち。 
カーボンで短くなったやつを初体験しました。 ウワサでは「すごく滑りやすくなってる」
ということだけれど、果たして??



e0014447_4431272.jpg


↑リフトで登ります~。 ごうんごうん・・・。 いい天気~。
下はオープン準備中のスラロームコース。 気持ちよさそ~。





e0014447_4452922.jpg


↑TAOSのトレイルマップ。
TAOSのスキー場はちょっと日本のスキー場みたいです。

e0014447_4455681.jpg


↑一番最初のリフト#1で登った場所。
ここから山の右手へ滑って#2リフトに乗ります。 

e0014447_674456.jpg


↑#1を降りて#2へ向かう途中

e0014447_4525555.jpg


↑#2リフトを降りて、また#2リフトへ向かうコース。
スキー場一日目はこの#2ばっかり乗って足慣らししました。


e0014447_454552.jpg



e0014447_612373.jpg


#2を降りると、ほとんど頂上。 そこから裏側(というか他の斜面)へ行けます。
その他の斜面へ行くコースHONEYSUCLE↑はビギナーコース設定の林間コース。
ボウルになっていて、景色がすごくよく、気持ちよかったです。

↓そのHONEYSUCLEを滑りながら撮影しました。
スキーの臨場感が出るかな??



HONEYSUCLEから伸びるコースのひとつに◆(Expert Only)コースMOE'Sがあり
ます。
◆ってこぶこぶなんですよね。 ワタシも嫌いじゃなんですけど、コブをすべると一気に
エネルギーレベルがレッドゾーンに達しちゃうので、コブはだましだまし・・・。
ああ、ちょっと年取った感がアリアリです。
昔々は泣きながら「くそ~~、くそ~~~」ってコブを降りていたっけ。
というのも、夫くんは上手で、ワタシはとってもへたっぴ。 でもその自分のへたっぴが
悔しくって

「今回、絶対少しでもうまくなったる!」

って毎回思っていました。 
あの熱い気持ちが懐かしい~。 





↑で、これがコブを降りる夫くん。
あっという間にいなくなっちゃいます。くそ~~。
ワタシはコストパフォーマンスがいいから、この斜面、もっともっとゆ~~っくり楽しみ
ましたよっ。ふんっ。



↓夫くんばかりアップしてしまうと怒られるので、ワタシの恥ずかしい滑りをも乗っけて
しまいましょう。 あくまでも、スキーの臨場感を伝えるためですので、技術うんぬんには
何もコメントしないよーに!





上のワタシのスキー、いやぁ、のーんびり滑っていますねぇ。
うーん、人間が丸くなって、すっかりゆったり滑るようになったもんだ・・・。


って、


違~~~う!!!




上で滑ってる間、ワタシの脳内では




e0014447_543685.gif


攻めるスキー!!
ワタシ、攻めてるぜ!
スピード出してるぜ!!





↑だったんですけど・・・。
絶対そうは見えない?そうですか。 そうですね。 
とほほほほ。



で、そのMOE'Sを抜けると今回一番お気に入りになったコースMAXI'S↓に出ます。


e0014447_4543759.jpg


スキー場2日目はこのMAXI'Sばっかり滑っていました。


e0014447_6115745.jpg


↑で、MAXI'S側から、ベースに戻るのに絶対通らなくてはならない長い林間コース
RUBEZAHL。  ここ、トレイルマップで見ると激しく長いんですけど、実際滑ってみたら
そんなでもなかったです。脇に小川が流れていたり、おもしろい別荘が見えたり
景色がよくて楽しめました。




↑その林間コースを滑りながら撮影。
ただ延々と滑ってますので、スキーに興味ない方はどうぞパスしてくださいまし~。


e0014447_6193723.jpg


↑さぁ、ベースに戻ってきました。
2日間たーっぷり滑りました。 楽しかった~♪
ほんとのところ、まだまだ滑りたいけど、でもそういうところでやめなくちゃいけないから
また「スキー行きたい!」気持ちが盛り上がるってもんです。


e0014447_623913.jpg


あれ?今日はボクの出番がなかったみたい・・・




次の記事ではスキー以外のTAOS(といえば上のお方のお話だーね)を書きたいと
思います。

English Version----Click here---
[PR]
by cogicogilucky | 2007-01-10 05:50 | 旅行

TAOS タオス ⑥  スキー場1日目
e0014447_3401087.jpg


さて、怒涛の雪道との戦いの一夜を明け、翌日はなーんとすっごいピーカン天気。
この写真を撮った時点で、もうすでに駐車場の雪は解けてしまっています。
前日の夜は、ここもすごい雪&カチンカチンで、4Runnerが上らなかったのですよ。
準備周到の夫くんが、家から持ってきてた砂を後輪付近にまいて、やっと上ったしだい。

PS 「準備がよくてすごいなぁ・・・」と感心しながらもどうしても心によぎるのを止められ
   なかった言葉は   砂かけじじぃ ・・・。 恩知らずやなぁ、ワタシ。



e0014447_3455592.jpg


↑今回泊まった宿は、TAOS SKI VALLEY内にあるAUSTING HAUSです。
ゆうべ150を上りながら、この看板を発見したときは嬉しかったなぁ。
TAOSのスキー場はコロラドとかのメジャーなでっかいスキー場とは違ってこじんまり
しているので、その周辺の町もとってもこじんまりしています。なので、最初はここを
通り過ぎちゃってスキー場のベースまで行っちゃったんですが、それでも
「ここには建物があるな・・・」
程度に思ったくらいで、そこがベースだったとはあとで気づいたくらいでした。
とても暗かったんです。


e0014447_3502968.jpg


AUSTING HAUSはB&Bです。


もみじまんじゅう~~~!!!
ヾ( ^ω^)ノヾ( ^ω^)ノby B&B


   

ではなくて。 シラー(*'ω')フツーソンナコトオモワナイッテ

Bed&Breakfastです。
オーナーさんがドイツ系なのだと思われ、ドイツ風にしてあるみたい。
SKI VALLEY内の宿はほとんどがヨーロピアンでした。 下のTAOSの街はTAOSの
歴史的な町並みを残したNEW MEXICANなのと対照的です。

この建物、最初見た時、

「え??部屋のドアは吹きっさらし???」 {{{{(+ω+)}}}}ヒューガタガタガタ


ってちょっとギョッとしたんですけど、もちろん部屋のところは全部強化ガラスでした。
そして、数箇所出入り口があるので、それぞれの部屋から出入りがとってもやりやすい。
特に犬連れは、みんな1階にしてあると思われ、犬を外に出すのにとっても便利なのでした。


e0014447_422760.jpg


↑ワタシたちが今回泊まったタイプ、KING FIREPLACE。
実際ワタシたちが使った部屋とは微妙に配置が違いますが、こんな感じでした。
KING SIZEのベッドがどーんとあって、ちょっとしたSitting Areaとテーブル、暖炉、
トイレ・バス がついていました。 
そして暖炉脇に見える洋服ダンスと整理ダンス。 
スキーに来て、こういうのがあると便利ですよね~~。 
なにしろスキーって荷物が多くなっちゃう。 ウェアだけでもかさばるのに、下に着る服
やらタイツやら厚いソックスやら。 そして普通に着てきた服だって防寒着だからかさ
ばる、かさばる。 もう、かさばりまくり。 
 
かさばりまくって、マクリマクリスティ状態。←意味不明


なので、こういう収納家具がどーんと設置してあるのはとってもありがたかったです。



New Mexicoは、とってもドッグ・フレンドリーでした。
どこのホテルのサービス欄にも

「Pet 可」か「Pet 不可」

か必ずといっていいほど書いてあります。 つまりだめであってもそこの項目があるって
だけで、Petをいかに意識してるかわかりますよね。

ここのAUSTING HAUSもPet可でした。
しかもここの宿、いい意味でとーっても放任主義で、Petについての注意書きやら
責任問題やらなーんも言われません。 とっても普通に犬連れで泊まれました。
フロントにはオーナーさんの犬もいつもいたし。 ふふっ。


e0014447_411318.jpg


ラッキー、生まれてはじめての埋まるような深い雪。
でもさすが犬です。
なんの躊躇もなく、自分と同じ高さの雪をヒョイヒョイジャンプしていきます。



e0014447_4142023.jpg


おお。 進んでる進んでる。
いい写真撮ってくれてたんだなぁ・・・。


え? 撮って・・・ くれてたんだ  なぁ???




はい。  コギコギここで告白します。
この日の写真はぜんぶ夫くん撮影のもの。 で、ワタシは何をしていたかっとゆーと・・・。


高山症で寝ていたとです・・・。(ー公ー )



ああ、やっぱりなってしまったよ。とほほほ。
今回は車で行くので、徐々に標高を上がっていくから体も慣れていくかと思っていたん
ですね。  で、朝起きたときも体は快調。 「いいね、いいねぇ」とホクホクしながら
食堂に朝食に行きました。(B&Bなので朝食付きです)
で、テーブルについたら・・・。 あら・・・。あららら・・・。


だんだん血の気が引いてくる・・・。 ひゅるるる~~~




ワタシはもともとがめまい&吐き気持ちなんで、この「くるぞ!」的な前兆をよーく知って
います。 こうなってしまったら、もうあとは早め早めに薬を飲んで寝るしかない。
(医療関係者の姉いわく「薬を飲むのを我慢するのはムダ。早めに書いてある分量を
飲まないと意味がない」とのこと。これ、何度も正論だーと実感しております)

部屋に戻ってDramaminとタイレノールの黄金コンビを飲み、ベッドに入って爆睡
しました。 その間、夫くんは地元ガイドブックを読んだり、ラッキーを散歩させたりして
すごしてくれていたようです。

e0014447_4332789.jpg



その後3時くらいまで爆睡して、なんとなく大丈夫そうだったから、ゆっくりゆっくり動いて
スキー場のベースまで下見に行きました。(車で3~4分)

うん、なんとか大丈夫そう。



明日こそは、スキーするぞ~~~!

English Version----Click here---
[PR]
by cogicogilucky | 2007-01-08 03:54 | 旅行

TAOS タオス ⑥  到着
e0014447_291891.gif


凍るClines Cornersからちゃんちゃんちゃちゃーら♪ブーリーザード、ブーリザード♪
の曲を頭の中でぐるぐるさせながら285強行突破を試みたコギコギ家。

進み始めると、一台のでっかいアメ車SUVが後ろをついてきました。

君も無謀だねぇ、お兄さん!(仲間がいてちょっと嬉しい。自然と生まれる連帯感デス)

2台分のライトがあれば、この真っ暗な雪道・氷道も難度が数パーセント落ちて気も楽に
なるってもんです。 しかも、この同士・無謀くん。 ちょっとしたら追い越したい雰囲気を
出すもんで、4Runnerの速度をゆるめて脇へちょっと寄って先にいってもらいました。
あらら。 さらにラッキーなワタシたち。 いいの?マジで?

真っ暗な道、先に行く車の方が大変に決まってます。
で、この同士・無謀くんったら、追い越して前についてくれ、さらに別に速度をあげてぶーん
と行っちゃうんじゃなくて、実に安全運転のゆっくりくんでした。


「なんで追い越したんだろ??」


って疑問は残りますが、ワタシたちは楽になってラッキーです。 さんきゅー!

そして285に乗ってから、天候は悪化することなく、雪も降ることなく、ただその雪道を
そろそろと進むだけでした。 しかも途中から雪道の雪道度(?)も楽になってきたりして
あららら、これはいい方向に想像と違っていたね! って笑いも出るほど。
しばらくは同士・無謀くんとともにえっちらほっちら、285を進みました。


前の無謀くんの車は途中何度も 

「うわぁっ、やばいっ!!」 

ってなスリップをしかかりましたが、うちの4Runnerくんはその都度 

「ビヨ~~ン、ビヨーーン!」

という音を立てるのみでぜんぜん平気。  
このビヨーンという音は、4Runnerについてる『スリップ防止機能』が働いている音で、
この機能のおかげでちょっとスリップしかかっても車が自動的に車体を支えておシリを
振ったりするのを食い止めます。  


おおっ!!!さすが我が愛車TOYOTA 4Runner!!ニッポンの技術!!


2駆でもレギュラータイヤでも、これくらいの雪道であれば気をつければイケルんだ。
さすがに普通に走ることはできないけれど、イケルってだけで素晴らしい~。
これで4駆、オールウェザータイヤだったら、どういうことになるんだろう??すげー。



**閑話休題**********

突然ですが、ここでちょっと4Runnerの話をば。
TOYOYA 4Runner、日本ではHilux Surfという名で出ています。(こんな歌あったな)
上の話で出ている『スリップ防止機能』は、調べてみると4Runnerについていうセーフティ
機能の2つにかかっていると思われます。

e0014447_4303167.gif


まず、TOYOTAのSUV車に共通しているセーフティ機能は↑上の5つなんですが、その
内、赤丸をつけた最初の二つが今回とっても活躍したようです。

↓まず、VSC(Vehicle Stability Control)
e0014447_4345822.gif



↓そして、TRAC(Traction Control)
e0014447_4365652.gif



上の機能の説明はアニメーションと音声でこちらで見れます。
スリップしそうなときにたてていた、あのビヨーーン音は上の機能の音だったんですね。
もうね、ビヨーンって鳴るたびに車の中では


e0014447_4571290.gif


合掌・・・



ですよ。 私たちを守ってくれてありがとう~!って。
そしてそして、その上なんともう一つ嬉しい機能を発見。↓


e0014447_565082.gif


あれま! 4Runnerのタイヤはmud & snowタイヤでありましたか!
この時の状況下でのsnowにはちときついのだろうけれど、ダラスでチラつくくらいの雪
であれば想定内だったのか。 まるまるレギュラータイヤってことでもなかったんだ。
腐ってもタイ、街乗り化したとはいえやっぱりSUVなのですね。 やるじゃん!

さらに愛しくなる愛車4Runnerくんでありました。

************************



で、どっこいしょ!と話を戻して。

285は、いったい何時間かかるだろう?っていう想像に反して、なんと2時間弱で走破
できました。 同士・無謀君とは途中ではぐれちゃったけれど、スタッドレス・4駆車が
途中でバンバン追い抜いていってくれちゃって、道も見えたし、けっこうすんなりと
Santa Feまでたどり着けました。

んが!!



Santa Feに入ったらすごい雪です。
もう降ってはいないんだけれど、すんごい積もってる。
で、そのおかげで標識とかがすっごい見づらい・・・。

持ってた実にアバウトな地図では、Santa Feを越えてしばらくはまだ285のままって
感じだったのですけど、インターステート25を越えた辺りで、なんだかまわりが変に
静まり返っているのに違和感を感じました。
で、ちょっと車を止めて明かりをつけて二人で地図を覗き込みます。


あ、そうか、一瞬25に乗るんだよ!
で、また新たに285Northに乗るんだ! そうか。よし、Uターンだ。



って話がついた時、ふっと見ると前から人が歩いてきます
その人は自分の車を脇に置いて、この寒い中、歩きにくそうにこちらへ向かってきます。


な、なんだろう・・・???



夫くんは窓を開け、話しかけました。

夫くん:  「どうしました???」


男性:   「いや、あの・・・。   
       どちらまで行かれるんですか??」


夫くん:  「TAOSです。これから北へ」



男性:   「あ、そうですか! いや、あのもしかしたら迷ってらっしゃるんじゃないかと
       思いまして・・・」


夫くん:  「あ、いや、あの、285を来て、これからまた285に乗るのにちょっと間違っ
       ちゃったみたいで。 25に一瞬のるんですよね、この後ろの。」


男性:  「そうです、そうです。 あ、でも、この前の道が25の側道なんで、戻って25
       に乗らなくても、これを行けば自然にSanta Fe市街地へ出ますよ。
       ボクもこれからそちら方面へ向かうんですよ。
       
       いやぁ、ここら辺って、とっても迷いやすくって有名なんで、困ってらっしゃる
       んじゃないかと思ってたんです。 よかった、よかった。」







い、いい人やぁ~~~~~~~~  
・゜・゚,。(≧Д≦)゚,。。・゜゚





そのころ外は21度Fくらい、摂氏でいえば-6度くらいだったんです。
しかもそこらへんは深い雪で、車もちょっとでも脇に入ればはまって動けなくなるだろう
こと必定みたいな感じだったのに、わざわざ自分の車を止めて、車から降りてこちらへ
やってきてくれるなんて・・・・!!!!




e0014447_5393775.gif


合掌 +涙ぐしゅぐしゅ





そのいい人のおかげさまで、コギコギ家は無事に25側道を通り(すごい雪だった)
もう一度285(85と併用)に乗り、NM州道68へ。 
真っ暗な中、一体このまわりってどういうところなんだろう??と考えながら夜の10時
すぎにTAOSの街へ入りました。


e0014447_67140.gif


TAOSへ入ると、自然とPaseo Del Pueblo(ハイウェイ64)に乗ります。
この日、出発してからまだ、家から持ってきてたしゃけおにぎりとお菓子しか食べていな
かったので、TAOSに入ってすぐに目に入ったDOMINO'S PIZZAの看板に吸い寄せられ
テイクアウトで購入。

ほかほかピザをヒザにかかえ(あれ?ちょっとシャレってる?)、Paseo Del Pueblo
のTaos市街地から州道150で山を登っていきます。 
凍った山道、またもやビヨーン、ビヨーンでがんばる4Runner。
150を道なりにゆっくりそろそろ上って40分ほどして・・・・。



到 着 で っ す !!!



あああ、やっとです。
やっと到着しました。 到着時刻11時すぎ。 
マウンテンタイムで1時間戻しているからちょっとズルですけど、なんとかその日のうちに
到着することができました。 
長いこと書いてきたけれど、ここまで1日の話です。(ひっぱりすぎ?)


さぁ、今日はピザを食べてゆっくり寝て、明日からはスキーだぁ~~!!


の、ハズ・・・。        

English Version----Click here---
[PR]
by cogicogilucky | 2007-01-06 02:32 | 旅行


テキサス州ダラスでコーギー犬ラッキーと暮らしています。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログパーツ
ライフログ
最新のトラックバック
YouTube ドラマ ..
from 東京DOGS 最新情報
のりピーこと酒井法子 バ..
from のりピーこと酒井法子 バキバ..
E vs. M
from だらだらダラス
カテゴリ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧