人気ブログランキング |


日常の不思議
e0014447_4144039.jpg


2回目の小テストが終わって、ちょっとほっとしているコギコギです。
でも夏のコースは期間が短いので、すーぐに次がやってきます。来週かも。

来週ーーーー????? ヾ(゚Д゚ )ォィォィ

と、自分で言って自分でぱにくる。 エコですね、エコ。


e0014447_4145068.jpg


今とってるコースは講義とラボをセットでとらなくちゃいけなくて、てゆーか、私がとるコース
はほとんどが講義にラボがもれなくついてくるものなんですけどね。 一科目修了するのに
実は2つ枠とらなくちゃいけないっていうのは、ちょっと大変。 どっちも宿題・テストがあるし。





e0014447_4145936.jpg


夏は集中コースなので、普通のセメスターより時期が少なくてそして普通のセメスターより
頻繁で長く授業があります。 授業とラボの選択も限られてくるので、必然、同じ授業で同じ
ラボっていう人ばかりになります。 普通のセメスターだと授業とラボと生徒ががらっと違う
んです。みんな都合のいい時間でとるんで。 でも夏はまるで1つのクラス単位で授業と
ラボを受けてる感覚で、人々とも近しい感じがします。




e0014447_415835.jpg


授業とかラボとか受けてて、不思議だなーと思うのは、私とみんなの
 
『理解できる点』 と 『理解しづらい点』 

がとても違っていること。 高校までの基礎教育の内容の違いなのか、国民性なのかなんなのか
なんなんでしょ? 例えば昨日ラボでSerial dilutionの仕方というのがクイズ(ちっちゃなテスト)
に出たんですね。




e0014447_4151727.jpg


Serial Dilutionって、日本語だとなんだろ。希釈液の作り方?かな?
先週のラボで希釈液使って濃度を調べてうんたらかんたら、っていうのをやっていたんですね。
で、その公式が

e0014447_446016.jpg


というやつで、M1=最初の液の濃度  V1=必要な液の量
         M2=作りたい液の濃度 V2=作りたい液の量 をあてはめます。

だから、濃度2.0Mの液100mLを使って、0.15Mの液100mLを作りたいときは
         2.0×V1=0.15×100 となり
                 V1=75mL となります。

つまり最初の濃度2.0Mの液75mLと25mLの水をあわせれば濃度0.15Mの液100mL
ができるということになります。




e0014447_4152813.jpg


この公式、めちゃくちゃシンプルだし、先週のラボでさんざん計算させられたし、私はこの
問題、問題なくできたんですね。 で、ふーっと計算しおわって周りをみたら、みんななにやら
真剣に問題にむかってて、まだほとんどの人ができてないっぽい。 

えーーー!!!( ´゚д゚`)

いつも私は計算が遅くて、クイズのときに先生に「まだ出してない人ー?」って聞かれて
手をあげながら問題解いてるんだけど??? 何か私間違った??もしかしてこれって
もっと複雑な問題?? ってすごく不安になってそれからなんども考えちゃいました。





e0014447_4153567.jpg


でもあとで話したら、やっぱり上のようなことでよかったようで、それがたくさんの人が割りと
理解が苦しかったみたいで。
でも、ラボが終わって、授業に行ったら、昨日の授業ではやたらめったら複雑な計算を
やったんですね。 Titration、日本語訳を見たら滴定とかいうもの。 授業はテストも
あったので予習まったくしてなくて、たぶんクラスの人もみんなそういう状態だと思うんだけど
先生がぱーーーーっとホワイトボードで例題を計算してるのを、なんだかみんな理解してる
っぽい。 私は頭中ハテナマーク満載で、バーゲンで売っちゃうよ?な状態だったのに。


e0014447_4184011.jpg


私は計算遅いし、そういう問題もあるとは思うけど、でも時々、脳の使い方が違うのかなー?
と感じることがあります。 日本で漫画が発展したのも、絵と拭き出しが、漢字と振り仮名の
関係と
同じだからっていう説を養老先生の本で読んだことあります。絵をみながら拭き出しの
セリフを読むことに日本人は何も違和感を感じないのですって。 漢字自体も絵と同じような
認識をしていることもあって、脳に障害を持って言語能力を失っても漢字は認識できることも
あるとか。 そんなこんなな話が浮かんできて、時々、そうかもなーと感じたりします。


e0014447_4255841.jpg

<ラボの様子>


たまにはわんこネタでなくて、学校のことなど語ってみましたー。(´∀`)



**************************************************

料理ネタ

e0014447_4193184.jpg


<紅しょうが・ごま塩・しらす・ごま油の混ぜご飯>

これ、すっごい簡単でおいしかったです。元ネタはクックパッド
それにしらずを加えました。 タイトルのままそれをご飯に混ぜるだけです。紅しょうがは
刻んで。ごま油っていうのが斬新だったけど、それがうまみを加えてました。ただごま油
を入れるので日持ちには注意が必要ですね。
この日はめんどくさかったので混ぜご飯で食べたけど、おにぎりにしたらもっとおいし
かったです。(*^▽^*)


下の広告はエキサイトによる自動広告で私個人とは何も関係ありません。





-----English Version---------------

While taking classes, sometimes I wonder if my way of thinking is different
from American people? In this case, the way of thinking does not mean
the point of view. I mean the way to use our brain.
Last night I had a quiz at the lab. It was about serial dilution, which we did
last lab. There is a simple equation to obtain the value, and there was no
problem solving the question for me. As soon as I finished the quiz and
I was surprise to notice almost everyone in the class was still trying to solve
the quiz. Usually I am the almost last one to submit a quiz because I calculate
very slowly. So I wondered if I made a huge mistake of understanding the
problem, and tried to do the problem some more times. But the only way
I could solve the problem was the one I already did, and I submitted the
quiz. After the lab, people were talking about the quiz, and I realized my way
was OK, and they were having problem understanding the equation.

Then in lecture class, we had some complicated calculation for Titration.
Because we had 2nd big test for the first 1 hour of the lecture, I was not
prepared for the lecture. I guess everyone was in the same situation.
Professor solved the exercise problem on the white board very quickly,
and I could not understand what she was doing there. I could not get
the concept of the calculation. But, looking around me, people seemed to
understand the brief concept of what she was doing on the board.

Things difficult for them are sometimes easy for me, and things difficult for
me are no problem for them sometimes. It is interesting.
I heard one reason why cartoon books are developed in Japan so much
is we Japanese are accustomed to use picture and word at the same
time. When we use Chinese characters, we put small letters next to them
to show how to read them when we are learning Chinese character.
It is just like pictures and word in cartoon books. We realize Chinese
characters as pictures. When we lose linguistic ability by brain injury,
still we can realize Chinese character, some researchers said.
Maybe we are using our brain differently, and Americans are using their
brain differently. When I face the things I can realize that, I feel that
it is very interesting!
by cogicogilucky | 2010-07-16 05:37 | 日常
<< 値段はある程度意味があるもんだ 食べクズ処理班 >>


テキサス州ダラスでつぶやく独り言
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
ブログパーツ
お気に入りリンク

痛いニュース(ノ∀`)
コーギーBLOG
花福日記
くるねこ大和
ビーノ!ビーノ!まっちゃんの本”松”転倒記
Jeweldays!
↑ブログ編集の技を勉強させていただいています。
素材屋さん
mattarihonpo+
フリー素材ROKO

ライフログ
カテゴリ
タグ
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル