人気ブログランキング |


尊敬する人
e0014447_353773.jpg


この子はエイプリルちゃん。
とってもおてんばで明るくて、だれでも一目見ただけでほわっと笑顔にされられる偉大な
能力の持ち主。

エイプリルちゃんは、ワタシの仲良しのCちゃんがフォスターした3頭目の子でした。
フォスターファミリーとは、レスキュー団体に所属して、そこの団体が保護した犬を
里親さんが見つかるまで一時的に預かる家のことです。


e0014447_365293.jpg


Cちゃんは今までこのエイプリルちゃんを含めて3頭の子を旅出させてきました。
フォスターファミリーについて、「一時的な預かり」とだけなんとなく理解していたワタシは
身近でCちゃんがそれをするようになって、それがそんな簡単なものじゃないんだという
ことを知りました。

レスキューされてくる子は、ほとんどが劣悪な状態からレスキューされてきます。
なので、ハートウォーム(フィラリア)陽性であったり、ケンネルコフにかかっていたり、
皮膚病を持っていたりなどの病気を持ってる子が多い。 しかも、以前の状態によって
は、心に傷を持っていて、一人になるのを異常に怖がったり、ある特定の音に過敏に
反応したりなどの行動の問題を持っている子もいたりします。
フォスターファミリーは、そういう子の治療に通ったり、問題行動をなくすためにしつけ
をしなおしたり、いろいろな労力が必要となります。 また、犬は団体に所属なので、
フォスターファミリーは勝手にいろいろできず、すべて団体に許可をとってから行わない
といけません。 具合が悪そうで病院に連れていくのも、まず団体に許可をとって、
そこ指定のところへ連れていかなくてはなりません。
それでCちゃんはすっかり、犬の具合悪初期段階の処置のプロになってきました。


e0014447_3333369.jpg

先住犬のベッドにどっかと寝そべり、犬ガムを3本も抱え込むエイプリル。
この子はいつも人を笑わせてくれます^^



レスキュー団体の人が、アダプションを希望してきた人とその人に合いそうな犬とを
書類上でマッチングして、「お見合い」のお話をフォスターファミリーに届けます。
希望者と、フォスターファミリーが電話で話をして、まず希望者家族がフォスターの家
へ面談に来て犬に会います。 その後よさそうであれば、フォスターが希望者の家を
チェックに行きます。 ほとんどの場合、ハウスチェックとアダプションは同じ日に行わ
れます。


ガムを噛むエイプリルの動画です。一瞬だけど^^;



今回もエイプリルちゃんを連れて希望者の家へ行き、ハウスチェックも大丈夫だった
ので書類手続きを済ませて、エイプリルちゃんはアダプションされました。
Cちゃんはエイプリルちゃんの大好きなおもちゃや骨などをたくさんお土産に添えて、

「幸せになってね!」

と目を潤ませてその家を去りました。
エイプリルちゃんは、去っていくCちゃんに閉まったドア越しに

「あれ?かーちゃん??」

と後追いしていました。 Cちゃんの一番つらいときです。
でもエイプリルちゃんの新しい家族は、エイプリルちゃんのためにすでにもういろいろ
準備してくれていたり、とても楽しみに迎えてくれてすごくいい人たちだったので、彼女
がここでのびのびと暮らしてくだろうことは予想できます。

Cちゃんはこうやってどんどん幸せになっていく子の橋渡しをしていきます。
私はまだ自分がフォスターファミリーになるのには踏み切れないので、こうやって
がんばっているCちゃんのお手伝いが少しでもできれば、と思うのですが、まだなんにも
やっていません・・・。 かわいい姿を見せてもらってるだけ。


e0014447_413125.jpg

まどろむラッキー



でもいつもいつも疑問なのは、それぞれの犬飼いが自分の犬を、ただ自分の飼っている
犬だけでいいんだから、ずっと大事に育てていれば、レスキューされる子の問題とかも
おきないはずなのに、どうして次から次にこういう事情の犬ができてしまうんだろう。
レスキューに携わっている人々は、みんなすごくいい人で、アダプション希望者の人たち
も本当にいい人で、そしてその反対岸にはまったく反対の人々がいて。

レスキューに来るわんこの中でけっこう多いのが引越しでそのまま置いて行かれた子
だという話を聞いたときはショックでした。

e0014447_4274963.jpg










------English Version--------

My friend, C-chan, is a registered foster family of one of dog rescue
group. April, who had been fostered by her for a few months, was
adapted last Sunday. April is a very active and cute girl and could
find good permanent home very quickly.

Before C-chan started doing her volunteer work, I didn't know how
foster families do their job really. I just thought they become dogs'
temporary home and take care of them. But foster families work
is not so easy. I could know that seeing C-chan.
First of all, rescued dogs have some problems mostly. Because they
were kept in very bad condition before coming to the rescue group,
some dogs have some diseases, or some have behavioral problems.
Some dogs cannot stand a certain condition; noise,space etc...
Foster families try to take care of their problems. If the dogs need
medical support, foster families need to contact with the
representatives of the group and get approval to go to the vet.
And they go to the vet which is registered by the group.
Because the dogs are the group's possession, foster families need
to get an approval to do something for the dogs.

If the dogs have some behavioral problems, foster families try to
rehabilitate them. April was C-chan's 3rd dog to foster, she had
taught Sit and Stay to 2 dogs so far. One of the dogs couldn't stay
in a crate for even short time, but she rehabilitate the dog and
he became mostly OK by the time he was adapted.

When someone is interested in adapting a dog from the group, the
person call to the representative. And the representative listens to
the person's story and try to match a dog. Sometimes people call
for the specified dogs which are on the web site. In that case too,
the group try to check the person whether they can match the dog
with the one they prefer very carefully. After a lot of thinking, the
group call the foster family who keeps the dog and suggests the
meet-up. Then foster family calls the person directly and arrange
the time for his visit. At first the person and his family comes to
foster's house and meet the dog. If they look OK together, next
step is foster family to go to the person's house to check-up.
Most of the time, they have already decided the adaption at that
time, and foster takes the dog with them. After checking the house
up whether it is good enough for keeping the dog and passing the
test, finally they start to do some paper work.
Then the dog can be adapted by the person.

April was adapted by the family which is very kind and friendly.
There is another dog and April looks OK with him already.
She laid down on the dog bed and enjoyed chewing a gum holding
other 2 gums. Sometime she tried to keep 2 gums together in her
mouth! She is always funny.

When the paper work was done, C-chan said good-bye to her.
C-chan looked very sad... She repeated this kind of experience
3 times so far and had sent dogs to very good homes. She is great.
April tried to chase C-chan a little on the other side of the door.
She was loved by C-chan, and she will be loved by the family from
the day.

I always wonder why people cannot keep their own dogs...
If one person keeps his dog, only his dog, until the end, there may be
not many dogs which need to be rescued. It is that simple. But day
by day dogs are abundant by people repeatedly.
It was shocking to hear there are many dogs left in the backyard
after the owners are gone.

There are a lot of good people. In the rescue group or the people
who try to adapt the dogs. And also there are a lot of opposite
people in the world, too. This may sound very naive, but I really
hope there would be more good people than the others...
by cogicogilucky | 2007-08-02 04:21 | 日常
<< アブリル・ラビーン ひとりごと・・・ >>


テキサス州ダラスでつぶやく独り言
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
ブログパーツ
お気に入りリンク

痛いニュース(ノ∀`)
コーギーBLOG
花福日記
くるねこ大和
ビーノ!ビーノ!まっちゃんの本”松”転倒記
Jeweldays!
↑ブログ編集の技を勉強させていただいています。
素材屋さん
mattarihonpo+
フリー素材ROKO

ライフログ
カテゴリ
タグ
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル